夏も終わり、そして秋

暑かったのか、涼しかったのか分からないうちに夏が終わろうとして、
八月もあと2日を数えるのみ。
富岡八幡宮の例大祭、深川祭も終わって、
深川界隈はしばらく「祭りロス」状態のようである。
八幡宮の本社神輿は無いが、町内神輿五十三基、
門前仲町富岡八幡宮に参集して八キロの連合渡御である。
三年に一度の祭り。

山猫軒たちも町会の半纏を着て、
神輿の列に参加。
よる年波には勝てず御輿を担ぐのはやめたが、
<水掛け祭り>の名のとおり、沿道からバケツやホースでたっぷり
水を浴びてのことだった。

幸いにして天候に恵まれ、雨続きの中、当日は土曜・日曜日と
時々日も差す陽気だった。
初めての深川祭り、冥土のいい土産になりそうである。

時間の過ぎるのが早い。
毎週月曜日の手話講習を中心にして、
あっという間の月曜日到来で、
艱難辛苦の手話の二時間を過ごす。

9月は1日(金曜日)別府葉子トリオのシャンソンライブ・市ヶ谷である。
先日の横浜に続いてのライブでとても楽しみ。
手話を勉強しながら思うことは聴覚障害者の方たちが
この素晴らしい音の世界とは無縁であること、
そして、健聴者である我々がどれだけ幸せであるかと、痛感することだ。


秋に寄せてふるい詩を一つ。


           秋のかたち


     まず、
     くつろいで
     まぶたを閉じて

     遠い記憶の底にある
     はじめての恋のような
     ちょっぴり
     もの悲しい匂いのする
     おとなっぽい 少年と
     こどもっぽい 女と
     読み始めた物語の行くすえを
     教えてはくれない
     鉄の味のする空気に
     捉えられた季節を
     どうか、
     描いてみてください。

     それから、
     開け放った窓をとじて
     秋のかたちを
     描いてください
     ぼくには見えない
     あなたの秋を
スポンサーサイト
[ 2017/08/30 14:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/945-c485a6d1