夏休みは箱根

酷暑の夏到来である。
手話講座二週連続の休講で、
この暑さではせっかく覚えたことが老いた脳みそから溶け落ちてしまうのではないか、
とても心配ではあるが、
過酷な講習から解放される安らぎに似た気分のなか、
ハイキングもお休みして、先週箱根湯本の温泉に浸かって来た。
箱根へはこれまで車を利用して行くのが通例だった。
初めての小田急ロマンスカーの小旅行である。
連休明けの火曜日とあって乗客の姿はちらほらと少ない。

ふたりだけの旅行は初めてで、
友人たちと一緒だったり、山歩きの会の旅行だったり、
それなりに楽しいひと時であったが、
また、二人きりの旅もいい。

当初は少し早めに箱根に着いて、山歩きをしようと考えていたのだが、
麗しの君が
「この暑い中歩くのはイヤ!」
というので、やむなく変更、直接ホテルにチェックインすることに。
それが正解だった。
途中から激しい雷雨になり、箱根湯本駅に着いた時は、
土砂降りの雨でややしばらくバスにもタクシーにも乗れない有様となった。
ハイキングを決行していたら、雨の中で、
哀れな山猫軒は麗しの君の叱責を浴びて、
どんなことになったのか想像に難くない。

ともあれ、そのような悲劇を回避して無事ホテルに到着。
投宿した「伊東園ホテル箱根湯本」は先日息子から勧められたもので、
リーズナブルな料金のホテルチェーンである。
一泊二食、食事はもとよりアルコール類飲み放題(1時間半)の触れ込みに
呑兵衛二人組は喜び勇んでお試し宿泊を敢行。

設備は古いもののまあ、あま。
大浴場、露天風呂も合格。
部屋もゆったりしていて◯。
とにかく、期待の夕食は和食セットとバイキングで、なかなかいい。
オプションとして注文してあった「アワビの踊り焼き」も美味。
生ビールから日本酒(燗酒)
飲み放題となれば、喜色満面のお嬢さん。
ひたすらお飲みになります。

所定の1時間30分が終了した頃には
満腹の酔っぱらい二人、部屋に戻って持参のウイスキーを水割りでまた飲む。
酒飲みは何処へ行っても酒を飲むのである。

翌日は朝温泉に浸かって、朝食をすませると、徒歩で箱根湯本駅へ。
20分ほどの軽い散歩みたいなものである。
箱根登山鉄道で「箱根彫刻の森美術館」へ向かった。

庭園の彫刻群やピカソ館を巡る。
ひどい暑さでもなく、歩き疲れた足を「足湯」で癒して強羅に向かい、
ケーブルカー、ロープウエイで大涌谷へ。
中国人の多いこと!
何処へ行っても中国人。
もちろん他の外国人観光客もいるが。
中国人がひときわ目立つ。

帰路のロマンスカーでは中国語を聞かずにすんだのは幸いであった。

2日留守番をしていた我が家の性格の悪いネコは
ちゃんとエアコンをつけておいたのに、
ひどいふてくされようで、いじけた目つきで
「帰って来なくて結構」みたいなのである。

この次は「伊東園ホテル伊東」へ行きたいという麗しの君。
二泊2日<1万2千円>という料金が魅力なのである。
スーパーの安売りが大好きなのと同じだ。

果たして、いじけネコはどんなことになるのやら・・・

来週からは手話が再開。
少しは復習をしなければ教室で冷や汗、脂汗を流すことになる。







スポンサーサイト
[ 2017/07/25 13:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

山猫さん
ご無沙汰しています。
二人だけの旅だったんですか~?
皆さんとご一緒かと思っておりましたよ。
来年だけど小田原駅前がメチャ綺麗になるんです。
伊東の帰りには是非小田原へ~~(^_^)
[ 2017/07/26 19:37 ] [ 編集 ]

チカちゃん。
ご無沙汰です。
そう、二人だけの旅でした。
山の会の旅行は7月はパス、秋の尾瀬の旅行にいきます。
小田急で小田原を通過する時小田原城を見ながら、
チカちゃんのことを話していましたよ。
「帰りに寄ろうか」なんて。
伊東のとき(多分来月)連絡しますね。

相変わらず、酔っぱらいの二人ですが、よろしく!
[ 2017/07/27 18:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/940-9ce499e8