日本手話

足早に時間は流れてゆく。
桜の花が咲いたかと思うと、既に梅雨の季節の到来である。
新緑の五月六月はよく歩いた。
八重山、嵐山、丹沢ユーシン渓谷、この前の日曜日は八王子市、長池公園のウオーキング。
仕事は息子に丸投げしての隠居生活。
とはいっても、まだ全面的に引退ということも出来ない。
一応、毎日何がしかの仕事が発生する。


四月からまた手話講習(中級)が始まった。
早いもので、三年目に突入である。
一向に進歩しない手話ではあるが、若い人たちの中の<老>一点、
しかも、男一人。
13人の中級クラスだが、初級とは大違いで、相撲で言えば序の口から一気に
十両の上位に番付変更なのだ。

不肖山猫軒は<日本語>と<手話言語>の違いをようやく理解しつつある。
<日本語>は音声言語である。
ろう者の<手話>は文字を持たない言語である。
初級クラスで学んだ<手話>は日本語を手話単語に置き換えるという方法だった。
常に日本語が頭のなかにあり、聴者のための勉強だったということに気づいた。
頭のなかから日本語を消し去って、
手話に対峙する必要がある。
それで、
普通に勉強していてはついて行けないと思い、
幾つかの書籍を買い求めた。

日本手話で学ぶ
手話言語学の基礎

(松岡和美)

文法が基礎からわかる
日本手話の仕組み

(岡典栄・赤堀仁美)

日本手話の仕組み
練習帳

(岡典栄・赤堀仁美)

翻訳で変わる日本語と手話の関係
驚きの手話「パ」「ポ」

関西手話カレッジ 
手話文化村(編)
米内山明宏・矢野一規・坂田佳代子(著)

その他にも多数。
分からないなりにDVDを見る時間を多くする。
若い人たちが1年で習得するものを、
山猫軒は三倍かかかると思って手話に取り組むことにした。
黄泉の国からのお迎えがくるのが早いか、
ある程度ろう者とコミュニケーションを取ることができるのが
早いか、時間との勝負である。

老齢ゆえ、物覚えは著しく低下しているし、
指はこわばり、どうたいしりょくも悪く手話の動きについて行け無い。
生徒たちは山猫軒を除けば皆さんお若い女性たちである。

麗しの君は酒を飲むたびに
「いいじゃない、若い人たちの中に一人だなんて」
と言うが、講座の二時間は地獄の業火に焼かれているような、
苦難の時間で、あっという間にすぎて、
夜更けの街をトボトボ帰路につく。

しかし、中級手話講座は講師に恵まれた。
初級のときもいい先生(ろう者)だったが、
中級の講師(ろう者)は日本手話を徹底的の教えてくれる。
毎週月曜日の教室に向かうのが楽しみになっている。

ゴリラのココだって、手話ができるのだから、
山猫軒と性格の悪い猫(マオ)と手話で会話する日がくるのだろうか?






スポンサーサイト
[ 2017/06/07 16:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/939-54bae979