スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

栃木大平山




前回掲載した詩があまりに暗かったせいか、ご心配のメールを頂いた。
何か不幸があったのではないか?
やはり、麗しの君に捨てられたか?
等などである。

実は二週間ほど前に友人の「ワニブチくん」が階段から転がり落ちて、
頭部を強打、入院、意識不明という事故があった。
未だに意識は戻らない。
当然酩酊してのことだ。
不肖山猫軒は酒を頂く時は階段のある店は敬遠することにしている。
素面でも足元が覚束ないのに、いわんや酒を呑んだら平らな所でも危ない。
登るのより下りが怖い。

そのワニブチくんから三週間前に電話があった。
当然酔っ払っていた。
電話の内容はかつて上野界隈に住んでいた頃の呑み友だった知人が
自転車で道路を横断していたところを自動車にはねられて亡くなったということだった。
これまた、酩酊してのことらしい。
大酒飲みだった彼女らしい最期だ、などと伝えてくれた友人がワニブチくんもまた、
面会謝絶の状態である。

しばらく気が滅入って、手話講座を休んだりしていたが、
土曜日に上京した広島の博士と旧交を温めた。
場所は麗しの君の店、恵比寿の「虎8」四川料理店である。
実に5年ぶりのことで飲むほどに話が弾む。
若い女性を同伴とあって、隅に置けない博士ではある。
山猫軒のお嬢さんは姉と一緒に北海道~サハリン<プリンセス・クルーズ>
に出掛けてお留守。

博士や麗しの君との出会いのきっかけとなった<シニア・ナビ>の
メンバーのことなどに話の花が咲く。
今度は広島で呑みましょうということにして、博士たちと別れた。

翌日曜日は<東京山遊会>のハイキング。
「栃木の大平山」
浅草を午前7時10分の電車に乗る。
参加者は山猫軒を含めて5人と少人数である。
リーダーのカラサワさん、会長のオオモリさん、長老のオギノさん、紅一点フルサカさんである。
フルサカさんと山猫軒以外は日本百名山踏破の強者揃い。
5月22日の高尾山に比べれば半分位だという話を鵜呑みにしたのが間違いだった。
百名山と比べれば確かに低山だろうが、
山は山である。
平らな所しか歩かない山猫軒にとっては数千メートル級に思われる山なのだ。

栃木駅からタクシーで大平山へ向かう。
大平山道の両側を埋める紫陽花の彩りの中を大平神社への石段を登った。
大平宮脇から「関東ふれあいの道」に。
大平山頂~晃石山から降り道。大中寺を目指す。
これが大変だった。
登りで使い果たした体力と足の疲労で
急峻な下りの細道に対応できないのである。
膝がガクガク笑い、
意識不明の友人のことが頭に浮かぶ。
転げ落ちて岩に頭を打って・・・・と。
幾度も立ち止まりながら皆の助けを得ながらようやく降りきった。

翌日は手話講座に出かけたが、火曜日、水曜日と要介護状態であった。
立ち上がることも、しゃがむことも容易ではない。
そんなご主人様に性格の悪いネコは容赦なく、
「メシ、メシ!」
なのである。

ようやく、今日になって大分回復したので木場公園に散歩に出かけた。
今度の日曜日は三浦半島の「大楠山」である。
用心のためトレッキングポールを購入したし、
ヒマラヤ登山を目指して壮大な挑戦である。
無謀!

麗しの君は脳天気にも、今日は小樽だの、函館で海鮮料理だの、
喜々として電話をかけてくる。
「来年は一緒にね」
問甘い言葉に騙されてしまう山猫軒ではある。

スポンサーサイト
[ 2016/06/30 21:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

お疲れ様でした

栃木の大平山は行ったことがありませんが、神社のアジサイは見事なようです。
山は標高と関係なく坂道がつきもので、大変だったでしょう。
お疲れさまでした。
[ 2016/07/01 17:09 ] [ 編集 ]

私など、運動不足もいいところなので、この頃は軽い坂道15分でさえ筋肉痛が起きる情けなさです。とにもかくにも山を登って下りてこられてさすがです。日ごろ、麗しの君との散歩を楽しまれている効果大、と思います。
私も最近ミク友が癌で亡くなられ、3匹の猫のその後をが気にしていましたが、今日、息子さんと仲良くしている写真を見てほっとしました。
山猫軒さんも、二人の姫君から苦情を聞かぬよう、ますます鍛錬あるのみ、ですね。
[ 2016/07/03 11:05 ] [ 編集 ]

Re: お疲れ様でした

爺さん、
いかに体がなまっているかということですね。
今日は逗子の大楠山だったのですが、
気温が上がるということなので、棄権しました。
もう少し鍛えてからにします。

> 栃木の大平山は行ったことがありませんが、神社のアジサイは見事なようです。
> 山は標高と関係なく坂道がつきもので、大変だったでしょう。
> お疲れさまでした。
[ 2016/07/03 15:42 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

冬の寝子さん

お互いに衰えるばかりの歳ですね。
我が家のお嬢さんたちは元気ハツラツ、圧倒されています。
暑さが厳しい季節になりました。
水分補強充分にしてこの夏を乗り切りましょう。

> 私など、運動不足もいいところなので、この頃は軽い坂道15分でさえ筋肉痛が起きる情けなさです。とにもかくにも山を登って下りてこられてさすがです。日ごろ、麗しの君との散歩を楽しまれている効果大、と思います。
> 私も最近ミク友が癌で亡くなられ、3匹の猫のその後をが気にしていましたが、今日、息子さんと仲良くしている写真を見てほっとしました。
> 山猫軒さんも、二人の姫君から苦情を聞かぬよう、ますます鍛錬あるのみ、ですね。
[ 2016/07/03 16:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/924-f67cf704







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。