敗戦記念日

昨日8月15日は敗戦記念日だった。
70年という節目のこの日、麗しの君とが行ったことは、
「映画を見よう」
だった。

<日本のいちばん長い日>

cast2_motoki_large.jpg

豊洲のユナイテッドシネマで鑑賞である。

main_b_large.jpg

終戦の日、山猫軒は樺太の真岡(今はロシア領、ホルムスク)で三歳だった。
ソ連はその後8月20日、艦砲射撃と共に真岡に侵攻し日本軍と激戦となった。
父母そして生まれたばかりの妹との四人は着の身着のまま避難。
途中大勢の避難民が死亡した(父母の話)
九死に一生とはこのことだろう。
既に両親は他界し、不肖山猫軒もそろそろお迎えの来る歳である。

そんな折、世の中は自民党政権が推し進める安保法案の
是非を巡って騒がしい。
安部首相の14日の戦後70年談話なるものを聞いたが、
いったい何を言っているのか分からない内容だった。
大体本人が言いたいことを言っていないのだから、
長々と薄っぺらな言葉の羅列に終わってしまったのだろう。

映画は良かったの一言につきる。
二度とあのようなことの起きないことを願うのみ。
「二人で、30日の国会デモに行こう」
と話しながら帰路についた。


      木場公園


   黄昏の公園
   梢の下で静かに憩う夏
   少しだけ 遠回り
   追いかけてくる時間を
   やり過ごし
   思い出に寄り添う

   まだ明るい
   午後六時の公園を抜けると
   仙台堀川は黒ずみ始め
   風と水が
   ぼくらを眠りに誘う

スポンサーサイト
[ 2015/08/16 16:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

馬鹿につける薬は?

本当に馬鹿につける薬はないのでしょうか?
何とかしてもらいたいものです。
[ 2015/08/17 17:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/902-70058710