スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手話通訳者に挑戦

多忙である。
少し手を広げたのもあり、店舗の改修工事など、
夜間工事で気が休まらない。

とは言いつつも、大学の同期会の飲み会(「なかよしはなれ」)、


志げ寿司の誘いで「鳥羽一郎」のショウとその後の
「なかよしはなれ」での飲み会、




麗しの君と清澄白河の仙台堀川川岸で満開の桜を鑑賞して、

DSCF6340_convert_20150422154735.jpg

清澄庭園

DSCF6346_convert_20150422154813.jpg

DSCF6347_convert_20150422154834.jpg

DSCF6348_convert_20150422154856.jpg

DSCF6349_convert_2<br />0150422154916.jpg

DSCF6354_convert_20150422155022.jpg

DSCF6359_convert_20150422155140.jpg



から浅草墨堤と隅田公園へ、
また、ある日は近所の<ブルーボトルコーヒー>探索、

DSCF6355_convert_20150422155105.jpg

DSCF6358_convert_20150422155125.jpg

などなどやるべきことはきっちりとこなしているのである。
先日の日曜日には東京山遊会の公園散策に参加して、
麗しの君とともに浦和の「桜草公園」へと。
更には、我が家の性格の悪い猫の世話をしなければならない。

DSCF6363_convert_20150422155157.jpg


したがって、ブログの更新まで時間を割けないということである。

そして、また新しく向こう3年間、週一の講座を受講することになった。
「手話」である。
江東区の広報で手話講習会の募集があったので、
軽い気持ちで応募してみたところ、
先日の説明会で申し込みしたら、受講通知があり、
昨日の入講式に出席した。
毎週火曜日、午後6時半から8時半までの2時間、
一年間41回の講習。

まず一年目は初心者基礎コース、
これをクリアしたら二年目は手話通訳Ⅰ、三年目は
手話通訳Ⅱに進む。

不肖山猫軒は夜間コースで40人、昼間は43人、
ちなみに手話通訳Ⅰコースは23人、手話通訳Ⅱコースは15人とある。

要するに基礎コース83人は多くが脱落して、
三年間の厳しい講座を全うしてめでたく手話通訳者になるのは
15人以下ということなのであろう。

それにしても、83人もの人たちが手話に感心を持っているというのも、
驚きであった。
江東区は東京オリンピックの会場が予定されているのもあるのだろう。
また、区の人口が50万人、そして当然聴覚障害者の方たちも大勢いる。
聴覚障害の方たちは見た目は全くそれとは分からない。
車椅子や視覚障害者(杖があります)の方たちは判別できるから、
それなりのお手伝いを心がけることができるが、
聴覚障害の方たちとのコミュニケーションは手話が必要である。

不肖山猫軒、自堕落な人生を送ってきたけれど、
ちょっとぐらいは社会の役に立つことが冥土の通行手形として
有効なのではないか、そんなふうに思って三年間の苦行を致して
みることにしました。

酒を飲んでいるだけの能無しからの飛躍であります。

スポンサーサイト
[ 2015/04/22 16:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

素晴らしいことです

古希過ぎて尚、3年に及ばんとする向学の志をたてられたとは。
大いに敬意を表します。
[ 2015/04/23 17:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/896-0bb0b0cf







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。