河童祭り

2014070619520000-1.jpg


上野、河童村の村長さんも今年九十歳になった。
村長さんとは湯島<ふ多川>の女将の母である。
そろそろ、人間から河童に昇格するのも、近いかも知れぬ。
その村長さん、毎日お店でチビチビお酒を舐めている。
お元気である。
ふ多川の客は村長さんから元気の気を貰いに来るのだ。

浅草、かっぱ橋本通りで七夕祭りが行われていた日曜日、
<ふ多川>では恒例の河童祭りが開催された。

常連客が集まって、河童様に水をかけ、
我々は美味しい酒をいただく。
岩井半四郎さんがくださったという、ぐい呑の中には
河童が思い思いの形で鎮座している。
ありがたい思いを胸に秘めて、
酒を呑むのである。

仙台から到着した<謎ジュン>こと、じゅん子さんが
青森十三湖のしじみと、さくらんぼを土産に姿を現した。
このじゅん子さん、何を生業にしているのか、
何処に住んでいるのか何も明らかにしない。
ふ多川の女将も携帯の番号しか知らないという。
仙台と東京を行き来しているらしいが、
その博学ぶりからして、山猫軒より百歳は余分に
生きているのではないかと思ってしまう。

ふた川は女性の客が多い。
そして、独身女子のなんと多いことか。
七十歳も超えれば夫は先に旅立つだろうけれど、
30~40~50~代とシングルが大半である。
まあ、夫がいれば酒飲みに出歩いてはいられない。
例外的に、我が麗しの君は山猫軒をほったらかしにして、
始終飲み会ではありますが。

先だって東京都議会でセクハラやじ騒動があったが、
山猫軒の出没する酒場
<まめぞ><ふ多川><オルゴール>
どの店にもシングルの女性で溢れている。
結婚して苦労するより独りで生きる。
経済力さえあれば、男に頼る必要などない。

このような女性たちに「子供を産め」と言っても無駄である。
人間それぞれ、色々な生き方があるというものである。

<謎ジュン>のお土産のしじみ汁をごちそうになりながら、
そんな考えが頭をよぎった。


スポンサーサイト
[ 2014/07/08 09:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

おはようございます。
ツイッターも読んでますよ~(フォロア)
明け方の地震は長かったですね。
私も昨夜も今夜も飲み会です。
何が起きるか分らない世の中
今のうちにねww
[ 2014/07/12 09:27 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

チカちゃん

地震なんか気が付かないほど二人は
酔っ払って眠っていました。

ビビちゃんは
「えっ、地震なんかあった?」

その日も二人で飲みに行きました。
めでたしめでたしです。


> おはようございます。
> ツイッターも読んでますよ~(フォロア)
> 明け方の地震は長かったですね。
> 私も昨夜も今夜も飲み会です。
> 何が起きるか分らない世の中
> 今のうちにねww
[ 2014/07/17 00:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/871-20fe2dd6