誕生日



誕生日



三月 話してみよう
あの日のことを
街の通りを暖かな
春一番が吹いた
あくる日のことを

三月 思い出してみよう
あの日のことを
ブイヤベースの湯気が
ガラス窓を曇らせた
あくる日のことを

三月 耳を澄ましてみよう
あの日のことを
音も無く遠すぎていった夜のあとで
花屋の店先に佇んでいた
あくる日のざわめきを

三月 あなたの生れた月
<もうすぐ 桜の花が咲きます>
早咲きの桜の枝に小さな蕾が
甘やかなあなたの歯のように
白く綺麗に並んでいた

三月 駆け抜けた愛の疾風に
打たれた 
あの日のこと
ぼくたちはその日も
歌いやまないその思い出を抱く

はるかに遠い 三月の日に
あの日のことを
その日と混ぜ合わせ
二人は撹拌して飲むだろう
眼の中の海と一緒に 
眩しげに 微笑み添えて
スポンサーサイト
[ 2014/03/12 22:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

麗しの君のお誕生月なのですね?
おめでとうございます!
これからもますますのドキドキを❤️
[ 2014/03/13 12:03 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TSUさん

ありがとうございます。
そう、麗しの君の誕生日でした。
いくつになったのかは教えてくれません。
聞くのも怖いし(怒られそうで)。
後何年生きていられるだろうかというのが、
酒飲み話であります。

グリによろしく。
ど~ちゃんいも。


[ 2014/03/20 17:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/851-c032d958