あれは!なんだろう



  
       あれは!なんだろう



      森の中では
     大きな樹の梢が揺れている
     風が遥かな峰々から
     やってきたのだ

     都市では乾いた喧騒が
     スクランブル交差点を渡ってゆく
     終わりを知らない欲望が
     深い暗闇から
     湧き出てくるのだ

     あれは! なんだろう

     ざわざわ ぼくの中を行き来する

     あれは! なんだろう

     知りたくて
     踏み込むように
     ぼくは きみに
     心をつなぐ

     ぼくたちだけの専用回線は
     子供の糸電話
     その声は
     幾度もぼくを死に追いやり
     数えきれないほど
     新しい生をもたらし続ける
     もう、それは
     当たり前のことのようだ

     あれは!なんだろう

     ざわざわ ぼくと君を行き来する
     音楽みたいな鼓動





DSCF6029_convert_20131001082549.jpg


鳥越はおかず横丁の酒場<まめぞ>のコジローくん。
我が家のアイドルとは違って、他所の人もOKである。

これは先日の<猫マニア>の集まりでのワンシーン。
酔っ払っているのでピンぼけである。
猫の後ろ姿はそこはかとなく哀愁を漂わせていて、いいものだ。

スポンサーサイト
[ 2013/10/11 14:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/821-162ff5ad