もしも

もしも



もしも ぼくが
秋の風なら
その角を曲がって
むこうから
颯爽と歩いてくる
君の
君の目の中に
飛び込むだろう

もしも ぼくが
目覚めたばかりの
爽やかな朝なら
まだ、眠っている
君の
君の瞼に
百合の香りを
置くだろう

もしも ぼくが
君の言うように
ひどい男なら
 君の
君の言葉に追われて
森のなかで
生まれた時のように
丸くなって
眠るだろう

そうして 
小声で囁きかける
滑々した声が
薄紅色の唇から
こぼれ出てくるのを
夢見るだろう
角のとれた
 金平糖を
舌の上にのせて
 甘い夢を見るだろう
スポンサーサイト
[ 2013/09/29 17:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

作品良かったです

こんにちは。
作品を拝見させて頂きました。
とても良かったです。
これからも素敵な作品楽しみにしています。
頑張って下さい。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
投稿される作品は新作でなくても構いません。あなたがホームページで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には現在、雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/hap1961/
[ 2013/10/03 15:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/819-6b3ee2b8