空はいつも


  
     空はいつも



    子供の頃
    空はいつも
    北国の半島の上で
     高いところにあった
    重たい濃霧が去ると
     遮るもののない空が
     悠然と
     高いところに広がっていた

    老いて 七月
     空はいつも
     都市の上で
    遠慮がちに
    伸ばした指先に触れそうなところで
    低く 悲しげに
    薄く曇っている
スポンサーサイト
[ 2013/07/01 10:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/798-ecdfc4ae