クラコレ2013

DSCF1901_convert_20130522091145.jpg



クラコレ2013



昨日の午後、東京駅丸の内南口で麗しの君を待った。
先日、電話で近況報告などを交わした折、
「三菱一号館美術館に同行するように」
とのお達しを受けていたのである。
<奇跡のクラーク・コレクション 
 ールノワールとフランス絵画のコレクション>展が
今月26日をもって終了するから、見に行かねばならない。
ついては一人で行くのもなんだから、連れて行ってやってもいい。
と、まあ、こんなふうなのである。

三菱一号館は某ゼネコンの災害防止協議会が日本商工会議所ビル
で毎月開催されているから、その行き帰りに通り過ぎる。
帰りには中庭を横切ったりするけれど、あくまでも仕事時間の中である。
それが、今回は全く私的な時間、しかも美しい女性のお供ときている。

午後1時に落ち合う予定だったが、午前中の仕事の打ち合わせが
予定していたより早めに終わったので、東京駅周辺で昼食とっても、
30分も早く待ち合わせの場所に着いてしまった。
いつもは足早に通り過ぎる東京駅だが、ゆっくり探索をする。

DSCF1893_convert_20130522090841.jpg


DSCF1896_convert_20130522091014.jpg


新しくなった中央郵便局も覗いてみた。
このような時間もまたいいものである。

さて、いつものように颯爽と現れたひとと三菱一号館へ向かう。
三菱一号館は東京駅から数分のところにあるが、この数年の間に
丸の内界隈は眼を見張るほどの変貌ぶりである。
昔はダークスーツ姿のビジネスマンの姿が行き交うビル街だったけれど、
今はお上りさん風のシニアの女性たちが闊歩している。

ダウンロード


チケットはウエブで申しこんであったので、プリントアウトした
紙を入り口で渡してあっさり入館できた。
大勢の人で混み合っている。
1時間半たっぷり、印象派の画家たちの絵画を堪能した。
やはり本物の絵画はいい。
美術館を出、中庭でしばし二人で余韻を楽しんだ。
美術館の入口には延々と人の姿が連なっているのを見て、
「早めに来たのが正解」と頷き合う。

帰り道、JPタワーKITTEに寄って各フロアを覗いた。
ここも、シニアのオネエサンたちで一杯だ。
男の影は薄いのである。
かく言う不肖山猫軒だって、麗しの君のお供なのだから偉そうなことは
言えた義理ではないのです。

DSCF1900_convert_20130522091109.jpg

  JPタワーKITTE 3階 旧中央郵便局局長室の窓から見る東京駅



この後の夕餉はいつもの様に大酒を飲みながら、
アベノミクスや日本維新の会の橋下氏の発言についてやら、
日曜日の三社祭のことなど、
実に有意義な話に花が咲いたことは言うまでもない。

2013051912060000.jpg






スポンサーサイト
[ 2013/05/22 09:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

都心のデート

丸の内でのデートとは、実に粋でお若いことです。
お天気も良かったようで何よりです。
私は明日からまた信州に行ってきます。
[ 2013/05/22 18:56 ] [ 編集 ]

Re: 都心のデート

爺さま

天気も良くて、丸の内デートは最高でした。
まだ若い二人ですから・・・
ノロケを言わせてください。

[ 2013/05/25 07:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/782-27328b6f