みんなできめよう、原発「国民投票」


ボランテイアスタッフとして、
先週出席するはずだった原発「国民投票」の打合会議に、
仕事が忙しくて参加できなかったので、
今日午後赤坂の事務局に行ってきた。
何分、始めてのことであり、市民運動に関わるのは
二十年ぶりになろうかということで、
幾分緊張気味だった。

大勢のスタッフが顔を揃えているのかと思いきや、
新参者の山猫軒を含めて会議のメンバーは8人。
ひととおり自己紹介、挨拶を交わして会議が始まった。

3月10日の集会についての細かい検討がなされる。
山猫軒は借りてきた猫状態で、ひたすら聞き役に回った。
午後1時過ぎから始まった会議は3時半ごろに終了。
後日、会場となる杉並公会堂で現地打ち合わせに
出ることにして事務局をあとにした。

原発の是非を巡って、選挙で決めることが出来なかったから、
やっぱり国民投票しかない。

時間の経過とともに原発に対する意識が次第に薄れゆくのを
歯がゆい思いでみてきたのだが、
こうなったら、傍観者をやめて積極的に何らかの行動を
起こすべき、そう思ってこの集まりに参加したのである。

原発については知人達の中にも原発賛成、あるいは
消極的反対と様々な意見があり、先日のある飲み会でも、
そんな話がでた。
しかし、原発賛成という人たちの意見を聞いて、
いつも思うことだが、やはり想像力の欠如というか、
希薄さ、経済優先の考え方にはガッカリさせられるのだ。

あれほどまでの事故(フクシマ第一原発)を見ていても、
なおも原発が必要というのにはとても、付き合いきれない。

今日の集まりは必ずしも、原発反対を全面に掲げてはいないが、
胸の内では原発は不用と思っている人々が参加していると感じる。
なんだか、ホッとする気分だ。
スポンサーサイト
[ 2013/02/23 18:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

応援しますから頑張ってください

反原発の勢いが徐々に薄くなりつつあるのは残念です。
総理官邸への金曜日のデモはどうなっているのですか?
与党には反原発議員は一人もいないのですか?
次の参議院選で、これが争点にならぬようでは世も末ですね。
[ 2013/02/24 15:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/761-2cdc1816