雪と詩人



昨日、関東地方は大雪に見舞われた。
東京は7年ぶりということである。
今日そとに出て歩いてみたが、路地はまだ雪が残っていて、
歩くのには難儀する。
北国、北海道育ちの山猫軒も既に雪の感触は遠い過去のこと。

2013011417260000.jpg

<かつて所属していた詩誌の最新号が同封されていた。>


そんな雪と一緒に、郵便ポストに一通の封書が届いた。
差出人はK・Tさんである。
逃げるように東京に出てくる前に、ほんの2年ほど過ごした街で、
知遇を得た詩人である。
山猫軒よりも年上で(幾つ年上だったのかも覚えていない)
とてもいい詩を書いていた。
出身が同じ北海道だということもあったのだろう。
一時期たいそう、親しくさせていただいた。
あまり、いい思い出がないその街だが、彼だけはまたお会いしたいと、
ふと思ってしまう。

最近なにをやってもバカバカしいんだ。詩も然りだ。世の中次第々々に
右へ右へと傾いてゆくようだ。俺は毎日することがない。


最後に
余計なことばかり書いた。じゃ
            あばよ。
         来たら 歓迎する。


とあった。

何度も読み返しなら、ぼんやりと、
「近いうちにあの街にいってみようか」
そんなことを考えていた。

ボクも彼も北国を故郷と言うにはあまりに長い時間を
遠い町で過ごしてしまった。
そして、老いて・・・・降る雪を見ている。
スポンサーサイト
[ 2013/01/15 17:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

まるで詩のようなお手紙、
お二人のそれぞれの物語が見えてくるようです。

ところで、
こんなサイト始めました。
よかったら覗いてください。
https://www.facebook.com/ichijiichie
[ 2013/01/16 09:45 ] [ 編集 ]

東京は大変でしたね

首都高速、大変なことになっていますね。
北海道の方でも雪の降らない県に移住すると
結構辛いのですね

お怪我に気をつけてくださいね
[ 2013/01/16 21:47 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TSUさん。

来月K氏に会うことにしました。
彼とともに親しくしていた詩人が亡くなっていた(去年暮れ)
ことを知り、それもあって行ってみることにしたのです。
久し振りの電話で車いす生活のK氏は嬉しそうでした。

サイトは早速覗きましたよ。
いつもながら感心しています。


[ 2013/01/28 09:40 ] [ 編集 ]

Re: 東京は大変でしたね

フウさん。

レスがたいへん遅くなってごめんなさい。
ものぐさな性格ですのでいつもこんな有様で、
お恥ずかしい。

今年はまだ、東京も雪が降りそうです。
大都市は脆弱ですね。
わずかの雪でも大騒ぎですよ。


[ 2013/01/28 09:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/752-d00ebdc9