新年

新年明けましておめでとうございます。
この年が皆様にとって健康と平安にみちた年となりますように
心からお祈りいたします。


さて、長いようであっという間の正月休みであった。
不肖山猫軒の年末年始は28日から6日までの10日間。
最初の数日は健康自慢の知人が年末のご挨拶と称して、
やって来たり、柚茶をこしらえたり、トマトソースを作ったりして
過ごしたが、新年に突入してからがどうにもいけない。
酒を飲むこと以外にやることがないのである。
ネコと双六、カルタ、トランプでもと、遊ぼうとしたら、
パンチを食らったり、噛みつかれたりと散々である。
さもありなんと暇つぶしに用意した本も、
探偵小説 マット・スカダー・シリーズ最新作「償いの報酬」
(ローレンス・ブロック著)

2012123113080002.jpg

2012123113080000.jpg

2012123113080003.jpg

「日本の国境問題」―尖閣・竹島・北方領土―(孫崎亨)
とを読み終えて、
さて、「文明崩壊」(ジャレド・ダイアモンド著)の頁を繰り始めた。
ジャレド・ダイアモンドの前作「銃・病原菌・鉄」は半年近くかかって
ようやく昨年末に読了した。
1万3000年前から人類の足跡を辿るのであるから、簡単ではない。
数頁読んでは眠りに落ち、また読むときは数頁遡らねばわけが分らなくなる。
したがって、数倍の量の頁を彷徨っていたと言うことだ。
1万3000年を旅するわけだから、半年でも駆け足だ。
10年ぐらいはかかっても不思議ではない。
10年先、この老いぼれの命があるか、かどうかも定かではないから、息を切らして
駆け足での半年なのである。

この「銃・病原菌・鉄」を読んだら当然「文明崩壊」
文明論に行き着くことになる。
昨年の衆議院総選挙で自民党が地滑り的な大勝した結果、
政権奪還と言うことになった。
大勝に気をよくした安倍首相は原発推進を表明している。
予期していたこととは言いながらも気が重い。
<原発>が<文明崩壊>の引き金を引きそうな予感がするのだ。

そうは言いながら今回の選挙をみればまた逆の結果がこの次ぎに
起こる可能性が大ありであることは想像できる。
そこのところを政治家たちは理解できているのだろうか?
であるから、山猫軒は原発推進などと、いくら安倍首相が言ったところで、
馬の耳に念仏、暖簾に腕押し、猫に小判なのである。
「猫事記」http://nekojiki.sapolog.com/
のTSUさんちのネコのドリちゃんだって、ますます意気軒昂だ。

130104.jpg

できれば、わが家の養女にしたいくらいの元気さである。
それにしても、ああ、わが家の性格の悪い凶暴なマオときたら、
愚痴が止めどなく出そうである。聞いてくれる人が居れば・・・!

話はいつものようにあらぬ方向へと脱線してしまったが、
「文明崩壊」これも長い。
読み終えるのには20年ぐらいはかかりそうである。
山猫軒の命が「崩壊」するほうが早そうだ。
数十頁読んでそれを予感した。
てなわけで、読書もそこそこに、ただ無為な日々を過ごしたのがこの正月。
それでもまだ仕事があるから今週から緊張感が戻ってくる。
酒も逢い引きも、ほどほどの制約があってこそのものと痛感するのである。

今年はそれでも仕事が忙しくなりそうな予感がする。
初日の今日既に三件の電話が入った。
ほどほどに忙しく、ほどほどにお金があって、好きな人と酒を飲んで、
優しいネコと一緒だったら最高の一年となるね。

「虫の良いことを言ってる」
などとは非難しないでください。
新年の世迷い言だと聞き流してくださいよ。

2012122923200000.jpg

写真がボケボケなのはカメラマンの腕のせいではありません。
被写体が言うことを聞かないで、動いたからであります。
念のため!




スポンサーサイト
[ 2013/01/07 15:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/750-f8124e19