友人と恵比寿で

石原東京都知事が辞職した。国政に打って出るという。
「第三極勢力結集か」とマスメディアが騒ぎ立てる。
橋下大阪市長と連携か?とも。
連日の大騒ぎだ。
橋下市長風にいえば
「クソ八十爺の冷や水」なのである。

そもそも、石原氏は都知事として一体何をしてきたのか?
新銀行東京の不始末は?
オリンピック招致は?
任期半ばにして職務を放棄資した責任を彼に投票した
都民にどう説明するのか。
それも無しに
「若い者がしっかりしないからオレがやることになる」
と傲慢な態度でもの申すのを見て、
この男は<認知症>ではなかろうかと思ったのは
山猫軒一人だけではないのではいか。

と、このような事を友人のJさんと
夕方四時から酒を飲みながら語り合ったのであるが、
秋とはいえまだ明るい時間から酒を飲めるのも
年寄りの特権ともいえる。
場所は恵比寿の中国料理店で
<虎8>という。http://r.gnavi.co.jp/e387101/
以前一度ランチに訪れたことはあったが、
落ち着いた雰囲気で料理も美味しい。
Jさんとはたいがいは昼時間ビールなどを飲みながら
二時間ほど四方山話をする。
Jさんと話をするきっかけは以前入っていた
Sナビというシニア向けのSNSだった。
<だった>というのは今は退会したということである。
このサイトは十数年前に発足したときからの仮面バーで
同年代の会員との交流が心地よくて、
リニューアルした後も続けていた。

年に何度かあるオフ会などにも顔を出し、
ブログだけではなく現実の場での楽しさを
味わったりした。
Jさんは山猫軒よりも2歳年上である。
仕事はリタイアして今は山歩きなどを楽しんでいるという。
そんなJさんのブログをSナビで覗くことがあり、
政治や社会情勢への思考が共感できることから、
ある日突然メールを送ったのがきっかである。

山猫軒にも多少の知人がいる。
馴染みの酒場でだけ言葉を交す人、
大学時代の友人、
仕事での知人など。
しかし、政治、経済、社会風俗、国際問題、
などの小難しい話は誰とでもできるものではない。

時々訪れてくれる知人ともワインを飲みながら
意見交換をするが、大概山猫軒の過去のいい加減な
生き方を糾弾されて終了なのである。
難しい(そうに思える)話は御法度といえる。

したがって、現在のところ我が国の政治情勢を
共に論じることができるのはJさんのみとなる。
先週末恵比寿の中国料理店では飲み足りなく、
近くにあるおしゃれな定食屋さん(虎8の姉妹店)
<なかよし>http://r.gnavi.co.jp/e387100/で
我が国の政治状況のお粗末さを酒を飲みながら、
嘆きあったのである。

で、この先いったいこの国はどうなるのでしょう。
と考えながら甘い詩をひとつ書いた。








      いま


      肩を寄せ合い
     歌を聴く
     しみじみと
     歌を聴く
     遅い秋の夜更けには
     ふさわしい
     やさしい歌
     しみじみと
     歌を聴く

     春の憂鬱
     夏の狂気
     のりこえて
     しあわせが
     かぐわしく
     しずかに歩いてくる

     ながれる歌
     懐かしく
     愛おしく
     かたく組みあわされた手を
     解くことを忘れ
     昨日を
     明日を
     そして、今さえも
     すやすやと
     眠っているように
     わたしたちをつつんでいる
スポンサーサイト
[ 2012/11/02 09:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/736-d71a22b3