猫に邪魔されても「読書の秋」



昨日は「芸術の秋」を話題にしたので、
今日は「読書の秋」を述べる。
不肖山猫軒にとって、読書は秋と限ったことではないが、
拙ブログの数少ない読者の大方は
秋は「食欲」の次ぎに「読書」だろうと推察するので
これを話題にしたい。

最近というか、ここ2ヶ月ばかりの間
(当然夏がふくまれる)
山猫軒が読んだ本は何だったかを思いだしてみよう。
未だに継続中のものが一冊ある。
上・下巻のうち、ようやく下巻に辿り着いた。

気息奄々、意識朦朧ということではない。
妙齢の淑女との意見交換(国際経済など)のための酒飲みもあるし、
猫に文句を言われて謝らなければならない。
一日、二度のメシしか与えない飼い主に対して、
「メシよこせ」と凄むわが家の猫に邪魔されて、
読書の時間は著しく制限されるのである。

2011081920240001.jpg


<銃・病原菌・鉄>ジャレド・ダイアモンド著 草思社文庫

著者のジャレド・ダイアモンドは1937年ボストン生まれ。
生物学者、進化生物学者、生物地理学者。
ハーバード大学、ケンブリッジ大学で博士号を取得。
カルフルニア大学ロスアンゼルス校教授。
アメリカ国家科学賞、タイラー賞、ピユリッツアー賞、
コスモス国際賞など受賞多数。
長年にわたってニューギニアでフイールドワークを続けている。
著書に「人間はどこまでチンパンジーか」
などがある。


アメリカ大陸の先住民はなぜ、旧大陸の住民に征服されたのか。
なぜ、その逆は起こらなかったのか。
現在の世界に広がる富とパワーの「地域格差」を
生み出したものとは。
1万3000年にわたる人類史のダイナミズムに隠された
壮大な謎を、進化生物学、生物地理学、文化人類学、
言語学など、広範な最新知見を駆使して解き明かしている。

1万3000年前とは、我々人類が狩猟採集生活から
食料採集生活へと移行しはじめた時代である。

宇宙の最小単位を解き明かそうとする「超紐理論」とは違った
時空を越えたロマンがある。
まだ、半分を読んだ段階なので多くをここでは語れないが。
今年中、年内には読破したいと考えている。

次ぎに、これも長いことかかって読み終えた一冊。
友人のJさんからお借りした本である。
(ちなみに、たくさんお借りしたが、まだ数冊未読である)

「国家の罠」佐藤 優 新潮社

発刊は2005年3月とあるから、7年前のことである。
すでに大方の日本人の記憶からは忘れ去られようとしているであろう、
「外務省のラスプーチン」と呼ばれた外務省のノンキャリア官僚が
逮捕起訴された事件がある。
裁判は未だに継続中らしいが、その被告人「佐藤 優」氏が
逮捕された経緯、拘留された512日間の独房での記録を綴っている。
<国策捜査>と取り調べの検事が言うあたりで、
山猫軒の背筋の毛が逆立つ思いがした。
この事件、山猫軒が知っていたことはほんの表層的一部分であったと、
今更のように痛感させる書であった。
国家権力、特に検察の怖ろしさは言葉では言い表せない。
これを読んで、ああ、<小沢一郎>も、これでやられたかと思った。

著者の考えとは山猫軒は少々異にするけれど、
「佐藤 優」はたいした男だと感じた。

この他に軽い小説、ミステリー、冒険小説など
多数読んだが、これらの書も捨てがたい。




スポンサーサイト
[ 2012/10/04 16:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

愛猫マオちゃん共々、お元気そうで安心しました。
東北は 急に寒くなりました。
なかなか読書はできませんが
田舎の秋を、堪能しています。またすぐ、雪ですわ~。
風邪 引きませんように。
 
[ 2012/10/04 16:33 ] [ 編集 ]

難しい本を読破されていること、さすが山猫軒さんと感嘆致します。
田舎者の高齢者である我が脳みそは難解なものはとっくに受け付けず、活字中毒を癒すごく軽いものだけ。誰がよいか解らず彷徨っていますが、とりあえずすっと入っていけるほど面白い本に出会ったら、その作者の物を読み続ける式。この頃は有川 浩さんや、あさのあつこさんの本を連読中で、今はあさのあつこさんの「東雲の途」の半ばです。
先ごろ、仕事先で目の使い過ぎで視界異常をきたしたばかり。山猫軒さんとは読む内容のレベルが全く違いますが、活字中毒であることは間違いなく、目の酷使は生涯続きそうです。
また読書紹介などして頂けると、時には私にも齧って見ようかと思う事も出てくるかもしれません。仕事を辞めたらゆとりができて、チャレンジできるでしょうか。
[ 2012/10/05 10:10 ] [ 編集 ]

こんにちは、訪問させていただきました。
[ 2012/10/07 08:32 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

花ちゃわんさん。

お隣さんの猫たちともども
お元気なようで何よりです。
雪より暑い方がいいですね。
屋根から転げ落ちたりしませんように。



[ 2012/10/11 10:11 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

冬の寝子さん。

> 難しい本を読破されていること、さすが山猫軒さんと感嘆致します。

読み終えた本の始末に困っていますので、
この難しい本を送りたいのですが、いかがですか。
眠り薬のかわりにはなりますよ。
[ 2012/10/11 10:14 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ひかりこころ様

初めてのご来店でしょうか。
ありがとうございます。
これからもおいで頂けたら嬉しゅうございます。



[ 2012/10/11 10:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/730-f1e362a3