昼酒




昨日Jさんのブログを覗いているうちに、
ふと電話をしてみたい衝動に駆られて、連絡をとった。
Jさんは以前ボクが入っていたシニアナビを介しての
友人である。
歳はボクよりも三歳年上だが、まあ、同じ時代を潜りぬけて
きたのと、考え方が似ていることから時々話相手が欲しくなると、
会ってメシを食い、酒を少し(ここのところがいい)飲みながら、
世事一般について意見交換をするのである。

大抵は政治の話になる。
今の政権与党の政治家達(野田ドジョウも含めて)
ほとんどが僕らよりも若い。
政権交代に手を貸し、その実現におおいなる期待を抱いたのも
二人の共通点だ。
年寄りがふたり、ワインを舐めながら(昼からです)
若い民主党のだらしなさを嘆く。
そして次の選挙ではまたぞろ、自民党が政権の座に着くだろうという
大マスコミの報道に失望の念を抱く。
自民党の総裁が今日午後には決まるわけだが、候補者全員が
「原発推進」「消費税増税賛成」「憲法改正」
ときている。
さらには「国土強靱化」とかで200兆円の公共投資を行うと。
これらを冷静にみるならば、まだ、野田ドジョウ政権のほうが
マシではないか。

でも、民主党は嘘つきだからねぇ。
やるといったことをやらずに、やらないと言ったことをやるから、
信用ならないからねぇ。

次の選挙ではいったいダレに、どの党に投票しようか?
「自分の名前を書くか」
そんなことを二時間ほど喋って、少しは胸のつかえが下りたような
気分でJさんと別れたのであった。

昼酒を飲んだと知人に話したら、
きついお叱りの言葉をちょうだいしてしまった。
酒は知人と飲まなければいけないようである。

スポンサーサイト
[ 2012/09/26 11:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/726-c62e37fc