九月





九月になった。
まだ残暑は厳しいけれど、明らかに風は秋の気配だ。
ロンドンオリンピックも終わり、パラリンピックが
開催されているが、健康自慢の知人は
「テレビで放映されるのが少なすぎる」
と怒る。
「スペシャルオリンピックは知っている人すら
いないのではないかしら」
と嘆く。
スペシャルオリンピックのお手伝いをしようかと
考えている知人である。

身体障害者、知的障害者、共に社会的弱者に
日本は優しくない。
尖閣諸島を購入するという石原東京都知事の発案に
何十億円という寄付が集まったと聞く。
しかし、スペシャルオリンピックには関心が向かないのである。

東日本大震災の被災者に対する関心も、
フクシマ原発事故によって難民となって全国に散っていった
被災者達にも思いは日々薄くなってゆく。
いまや政治にその解決を望むことはできない。

毎週金曜日に集まって静かな意志表示をする
名も無き大勢の市民たちがしだいに大きなうねりを
作り出してくれるだろうことに期待をよせるのみだ。



スポンサーサイト
[ 2012/09/04 08:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/719-e3980168