欠けた月





欠けた月



助けを求めようにも
だれもいない
夏の憂鬱と寂しさの狭間で
ぼくは途方に暮れている

日曜日の都会の空に
薄白い月が半分に欠けて
東に傾いていた
その下を大勢の人々と
「原発反対」と
声をあげてぼくは歩いた

だれひとり知った顔のない
だれひとり言葉を交したことのない
群衆の中でだけ
ぼくの時間はゆるやかに過ぎる
過ぎ去る光のように

スポンサーサイト
[ 2012/07/31 14:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

おかえりなさい

マオちゃんの水もしたたる姿はちょっと物悲しいです。
原発反対のデモにこの炎天下、参加されたんですね。
お疲れ様でした。

すっかりフクシマを忘れたかのような再開。
あまりに記憶の失い方が早すぎます。

[ 2012/07/31 21:47 ] [ 編集 ]

Re: おかえりなさい

みかんさん。
おはようございます。
人間は忘れてしまうのですね。
無かったことにしたい人が多すぎます。
忘れて良いことと、
忘れてはいけないことの区別が付かないことが、
悲しいですね。


> マオちゃんの水もしたたる姿はちょっと物悲しいです。
> 原発反対のデモにこの炎天下、参加されたんですね。
> お疲れ様でした。
>
> すっかりフクシマを忘れたかのような再開。
> あまりに記憶の失い方が早すぎます。
[ 2012/08/02 08:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/713-7a4301b0