東京スカイツリーから東京タワー

昨日、冷たい雨の降る中、仕事で押上に出向く。
業平で電車を降りると眼前に建設中の東京スカイツリーがそそり立っている。

人間は何故、塔を建てたたがるのだろう。
しかも、できるだけ高い塔を。

そして、所用終え、次なる予定は芝公園東京タワー前にある。
スカイツリーを眺めた後に見る東京タワーは、いい。
雨に濡れたオレンジ色の鉄骨が桜蕾を抱えた樹木の中で、
それ自体が生き物のようだ。

東京スカイツリーも何十年後かには同じように下町の風景として、
溶け込んでいるのだろうか。


ひらひらとゆびさきから、心と言葉が泳ぎ出るような・・・三月

これは歌人 山口雪香さんのブログからの一節。
それなのに、さっぱり言葉が泳ぎでない悲しみを味わう三月である。

<やがて明日虚空およがす指たちの羽根得てそれぞれ夢見む弥生>




         雪香さんの歌を・・・
スポンサーサイト
[ 2010/03/26 11:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/7-2b828460