やがてすべてのものは




       やがてすべてのものは



    とおい昔に読んだ
    仏蘭西の物語が
    陽炎のように
    よろめきながら
    立ちあがる
    水底から見上げる水面に
    ほころびかけた夜が
    ちらちら動き
    また、朝がくるのだ

    いちども 
    行ったことのない国の
    風景は
    たびたび
    ぼくを閉じこめて
    美術館の絵画のように
    壁面に佇み
    動かない

    やがて
    全てのものがはらりと
    ほどけて、崩れおち、
    うす闇の中に沈む
    そこはかとない
    静寂とともに


スポンサーサイト
[ 2012/06/15 22:38 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/699-26b8f6da


まとめtyaiました【やがてすべてのものは】

       やがてすべてのものは    とおい昔に読んだ    仏蘭西の物語が    陽炎のように    よろめきながら    立ちあがる    水底から見上げる水面...
[2012/06/19 17:35] URL まとめwoネタ速neo