こえ




こえ


とぎれがちに 
くり返される
とおくからの
かすれたこえ

「おいしいお酒をいただいたから」

きみのこえに
口をおしあてると
ほのかに
優しさがぼくの背中を
はしる

もうすぐに明ける
夜に凭れて
ちょっと 押し黙り
あわてて 

「聞こえている?」

そしてまた 始まる
けしからぬ男だと
きみは なじる
ゆるしてあげると
付けくわえながら

とぎれがちに
くり返される
とおくからの
かすれたこえ
いとおしいこえ
スポンサーサイト
[ 2012/06/10 10:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

女は まさにそのとおり
甘えて 拗ねて 許すのは
すっかり惚れた証拠です。

あ~あ、ワタシはそれが できないのよね~。
真似ぐらいならできる嘘ツキですが! うふ♪(* ̄ω ̄)v 
[ 2012/06/10 16:29 ] [ 編集 ]

そんな男に惚れる・・・

やまねこけんさま。

いつも詩的で素敵ですね(^^)
感性の豊かさ、文章力、語彙の豊富さに感動します♪

「けしからぬ男」「危なっかしい男」「危険な香りのする男」
に何故か 女は惹かれるのよね(笑)
[ 2012/06/10 19:33 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

花ちゃわんさん。
真似でもイイ、それがホントウになったりしますから。


> 女は まさにそのとおり
> 甘えて 拗ねて 許すのは
> すっかり惚れた証拠です。
>
> あ~あ、ワタシはそれが できないのよね~。
> 真似ぐらいならできる嘘ツキですが! うふ♪(* ̄ω ̄)v 
[ 2012/06/13 10:34 ] [ 編集 ]

Re: そんな男に惚れる・・・

ミー子さま。

ボクは、品行方正、思想穏健、性格温厚、
質実剛健、容姿端麗(昔)ですから
「けしからぬ男」と言われるのは甚だ心外なのです。

> やまねこけんさま。
>
> いつも詩的で素敵ですね(^^)
> 感性の豊かさ、文章力、語彙の豊富さに感動します♪
>
> 「けしからぬ男」「危なっかしい男」「危険な香りのする男」
> に何故か 女は惹かれるのよね(笑)
[ 2012/06/13 10:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/695-3822ff1b