虎姫一座 浅草公会堂

新しいイメージ



「虎姫一座」のことを少し前に書いた。
何と言っても芸能音痴の山猫軒である。
最近のAKB48とか、お念仏を唱えている(ラップというらしい)
歌にはまったく耳がついて行かないが、
昭和時代、とりわけ我が少年、青年時代の歌謡となると、
これは別問題である。
虎姫であろうが猫姫であろうが、うら若き乙女達が
今時の歌を唄ったとしても残念ながら、雑音としか聞こえない。

しかし、彼らが昭和の時代に流行した歌を唄っているのを
聞くとき、これは違う。
懐かしいのは当然のことながら、不肖山猫軒ここ数日、
酒を飲まずに、沈思黙考した結果、
あの時代にあって今無いものがあることに気づいたのである。
それは未来に対する<明るい希望>だ。
敗戦の焦土の中からとにかく前へ、前へと歩き始めた時代、
貧しくとも取りあえずは生死をかけた戦争というストレスから
解放された安堵感もあった。

三種の神器の、、冷蔵庫、洗濯機、テレビが家庭に
行き渡りはじめそのテレビから流れる歌声に乗って
高度成長が始まったのである。
高度成長、それは大正、昭和一桁生まれの
戦禍を潜りぬけ、生き残った人たちによって
支えられたものだ。
山猫軒のような戦中生まれ、団塊の世代のような
戦後世代によるものではない。
あくまでも世の中をリードしてきたのは戦前世代だと思う。
彼らは悲惨な戦争を容認するか、あるいは荷担したという
負い目を背負って過去に目を向けず国の復興に
全力を振り絞ったのだ。

だから、山猫軒はあの時代テレビから流れでる
「ザ・ピーナッツ」
「シャボン玉だよ牛乳石鹸」のメロデイーの
その明るさの裏側にそこはかとない翳りというか、
寂しさを感じとるのである。

これに対して、「虎姫一座」の明るさ、元気さには
微塵もその翳りと寂しさは無い。
もしも、彼らがそれを現したとしたら、
全くあの時代をコピーしたレビューを演じたとしたら、
見るに堪えないものになっただろう。

あくまでも、<混迷と閉塞、消えてしまった希望>の時代にこそ、
彼らの歌声が必要なのだ。
「虎姫一座」の舞台を見て涙するシニア(昔ならばご隠居、爺、婆)
もあの時代に戻りたくて拍手をしているのではないのだ。
まだ、過ぎ去った時代を振り返る余裕があることを
感じとり、この先の不安と重ね合わせてのことなのである。

ともあれ、「虎姫一座」500回記念 淺草公会堂へ行っての
感想である。
開場前だというのに公会堂の前は行列だった。
前売りチケットを求めていたのは正解。
一階~三階までほぼ満席だった。
津軽出身のデユオ、「サエラ」も特別ゲスト。
「虎姫一座」9人とは親子ほど(孫ほどとサエラが言っていたが)
年の差があるのも嬉しい。

舞台は「コシダカシアター」とはまた違って迫力満点、
彼らから放たれるエネルギーがボクたち年寄りには
何ものにも代え難いクスリだ。
二部構成の舞台が終わって、最後に平尾昌晃、布施明
登場して全員で合唱、フイナーレ。

本当に、「虎姫一座」に行こうと誘ってくれた知人に、
心からありがとうと、言いたい。

なお、「虎姫一座」はYue Tubeでも観られます。
是非、シニアもそうでない方も一度ご覧下さい。

我が家のマオもそう言っております。

新しいイメージ2


スポンサーサイト
[ 2012/05/14 12:30 ] 未分類 | TB(1) | CM(4)

私も行きます

お早うございます。
昨日テレビでやっていましたが、大兄も現場におられたわけですね。
今日は雨ふり、観劇には向いていますので行ってみようかと思っています。
[ 2012/05/15 09:25 ] [ 編集 ]

「虎姫一座」

「虎姫一座」たるもの、初めて聞いたが
今、Yue Tubeで観たらなかなか面白そう

そうか、シニアでは有名なのか
知らなかったな
[ 2012/05/18 10:55 ] [ 編集 ]

Re: 私も行きます

爺さん。

コメヘン遅くなって出し遅れの証文みたいになってしまい
申し訳ありません。
虎姫一座、よかったでしょう?
浅草公会堂ではtv局のカメラが入っていましたから、
放映されることは知っていました。
残念ながら拙宅にはtvがありませんので観ることが出来ませんでした。

また、近いうちに虎姫一座を観に行きたいと思っています。

[ 2012/05/19 15:06 ] [ 編集 ]

Re: 「虎姫一座」

ブルさん。

一度観に行ってみる価値はありますよ。
オモシロイ。元気になるね。




[ 2012/05/19 15:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/674-bdd50a9b


まとめtyaiました【虎姫一座 浅草公会堂】

「虎姫一座」のことを少し前に書いた。何と言っても芸能音痴の山猫軒である。最近のAKB48とか、お念仏を唱えている(ラップというらしい)歌にはまったく耳がついて行かないが、昭和時代、とりわけ我が少年、青年時代の歌謡となると、これは別問題である。虎姫であろう?...
[2012/05/14 17:53] URL まとめwoネタ速neo