ユロット



9日、水曜日、「ユロット」の例会が湯島のフクロウ亭で開かれた。
アメ横の「ユロット」が12年の歴史を閉じて早くも5ヶ月になる。
心の梢のような小さな店であった。
一日の仕事を終えて、各々疲れた身体を引きずり、
立ち寄る所が「ユロット」だった。

その店の常連たちがたまには酒でも飲もうと始まったのが
この集まり。
今回で三回目である。
大体二十人前後の参加者で、
多いとも少ないとも言いかねる人数だ。
前回の会場がこの「ふくろう亭」だった。
「ユロット」はフランス語でフクロウを意味していることから、
ここを例会の場とすることに決まったのである。

もともとがママだった「ヤヨイさん」の取り巻きが
常連客だったので、皆古くからの客である。
不肖山猫軒が一番の新参ものといえる。
最年長者は歯科医のIさん、次ぎに元教授のSさん。
山猫軒は三番目ぐらいかな。
まだまだ、若手だ。

年々歳々、知人友人達は姿を消して、
ふと、気がつけば周りに人影がまばら。
気を取り直してシニアナビなどでこれは、と思う人たちに
声を掛けるという努力の結果、
今年に入っていい友人になりそうな予感がする出会いがあった。
新しい友と同時に、ユロットの常連客も大切な人々である。

次回の例会の幹事は不肖山猫軒。
幹事と言ってもただの連絡係で、気楽なものだ。
三度の例会いずれも雨になり、
四度目は晴れて欲しいものだ。



スポンサーサイト
[ 2012/05/11 11:36 ] 未分類 | TB(1) | CM(2)

こんにちわ。
私も友が人間にとって最大の宝と思っています。
これからもよろしくお願いします。
[ 2012/05/11 17:39 ] [ 編集 ]

Re: 爺

爺さん。
少ないからこそ宝物なのですね。
ボクこそよろしくお願いいたします。

> こんにちわ。
> 私も友が人間にとって最大の宝と思っています。
> これからもよろしくお願いします。
[ 2012/05/12 23:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/672-89f883e8


まとめtyaiました【ユロット】

9日、水曜日、「ユロット」の例会が湯島のフクロウ亭で開かれた。アメ横の「ユロット」が12年の歴史を閉じて早くも5ヶ月になる。心の梢のような小さな店であった。一日の仕事を終えて、各々疲れた身体を引きずり、立ち寄る所が「ユロット」だった。その店の常連たちが...
[2012/05/11 22:17] URL まとめwoネタ速neo