「恥を知れ」に反論



先日、広島の博士が「恥を知れ!」と激烈な一文をブログに
載せたのを読んだが、これには不肖山猫軒、お言葉を返すようだが、
反論したい。
「恥を知れ」と罵倒されたのは民主党の元首相鳩山由紀夫氏である。
首相になったとき次の選挙には出馬しない、と言ったのに、
その言を翻したのは許せない。
また、イランにのこのこ出かけていって、何様のつもりか。
と言うのである。
まず、選挙にまた出るはと言うのは、
みっともない話と山猫軒も考える。
しかし、イラン訪問については「よくやった」と褒めてやりたいのだ。
だいたい、イランに対するアメリカの仕打ちは横暴極まりない。
イランの核開発を非難してのことだが、
もともと、パーレビ国王体制をひっくり返された恨みが
未だに尾を引いてのことである。
また、イスラエルの強硬姿勢に引きずられて、経済制裁から、
武力行使も辞さないというのであるから、
イラク戦争が終わったばかりなのにまた、
次の戦争か?と言いたくなる。
それに対して我が国はアメリカの属領らしく、アメリカの言うことならば
何でもハイハイなのである。

そもそも、我が国はイランとは良好な関係にあった。
石油についても主要な輸入国であった。
もし、今イランにアメリカが武力行使をしたなら、ホルムズ海峡はどうなる。
それでなくても、原油の高騰が著しく、電力会社は口を揃えて、
燃料費がかさんで赤字だから原発再稼働と電気料金値上げとの大合唱だ。
本気で原発を止めたければ、原油の高騰の一因であるイランとアメリカの
関係修復に我が国が一役買うぐらいのことがあってもいいのではないか?

今年メジャーリーグで活躍しているダルビッシュ君のお父上もイラン人である。
ず~っと昔に遡れば、イラン(ペルシャ)はアメリカという国などない時代から、
我が国との縁は浅からぬものがある。
普通に考えれば、アメリカがいつものように
彼の国に無理難題を吹っ掛けているとき、それを諫めるとか、
間に入って仲を取り持って、しかるべきと山猫軒は考える。

ハトポッポは元々アメリカ一辺倒の外交に異論があったから、
今回の行動になったのだろう。
まあ、そんな考えをしていたからアメリカから嫌われて、
首相の座を降ろされたと思うのだ。
もし、「恥を知れ!」と言うのであれば、その相手はハトポッポではなくて、
彼が首相の時に知らぬ顔を決め込んでいた、当時の外務大臣(岡田)
防衛大臣(北田)と当時の閣僚、政府の要職にあった各々等であろう。
また、関係する関係省庁の官僚達も同罪だ。
前首相も官房長官も全てである。
無論、今のドジョウも外務大臣もだ。

博士の怒りの矛先は間違っていると、きっぱり言わせて貰いたい。
ハトポッポに我が国を預けるに足りる資質があったかどうかは疑わしいが、
(軽さもあり)少なくとも宗主国アメリカに対して、
何とか対等に近い関係をと、考えていたことは
大いに評価されなければならない。
敗戦後、常にアメリカに尾っぽを振る首相しか現われなかったことを思えば、
言動の軽さは目を瞑ってもよかった。
イランに赴いてハトポッポに何が出来たかは甚だ疑問だが、
それはそれで宜しいのではないかと思うのである。

最近健康的な生活を送り、酒も切れているので、
多少イライラしているせいか、
久しぶりに過激な文になってしまいましたよ、博士。

スポンサーサイト
[ 2012/04/15 22:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

高血圧にご注意

憂国の詩人こと兄貴、
よくぞ言ってくれました。
私はそのような反論を待っていたのだ。
それでこそアメリカの隷属ならぬ日本人
らしい言葉!
ただ、お酒も切れてそこまで吼えると、
血圧が上がりますぞ。
高血圧の私が忠告するのもおかしいが。
[ 2012/04/16 13:02 ] [ 編集 ]

アメリカの属国云々の話は置いといて・・・

イランへのアメリカの制裁は百害あって一利なしです。
アメリカ政府のエゴしか感じられません。

アメリカが北朝鮮やイランを、「悪の枢軸国」と呼んでいますが、アメリカこそがその「悪の枢軸」になっていることには気づいていないのでしょうね。

何でもかんでも、アメリカが一番、っていう時代はとっくに終わっているんです。
[ 2012/04/16 22:02 ] [ 編集 ]

うふふ、「はとぽっぽ」とは、よくぞ呼んで下さいました。
ボンボン育ちの彼は、ほんとに言動が軽い、一国を預けるに足る資質はとてもないと思っています。大金持ちだから大事にされてきたのに、それが間違った自信になってはいないのかと。
かといってドジョウさんや陰の総理の様な側近の方々の様な、どす黒い腹芸の方々もまた、否定したい。ほんとに日本はどこに行ってしまうのでしょうか?

アメリカの横暴、傲慢については仰せの通りに存じます。9.11事件であれほどの衝撃を受けたのに、近年ではベトナム戦争以降、他国を圧倒的武力で荒廃させ、人命を失わせることに、どうしてああも鈍感なのかとアメリカの正義とやらが受け入れがたい思いです。結局は国や商人の私利私欲中心ですのにね。
[ 2012/04/17 11:50 ] [ 編集 ]

Re: 高血圧にご注意

geotchさん。

血圧は下がり気味です。
テンションは上がっていますが。
噛みつく材料の博士のブログを期待しています。


> 憂国の詩人こと兄貴、
> よくぞ言ってくれました。
> 私はそのような反論を待っていたのだ。
> それでこそアメリカの隷属ならぬ日本人
> らしい言葉!
> ただ、お酒も切れてそこまで吼えると、
> 血圧が上がりますぞ。
> 高血圧の私が忠告するのもおかしいが。
[ 2012/04/20 15:54 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

まんがいんくさん。

お久し節です。
アメリカこそ仕分けすべきでしたね。
できるはずがないけど・・・


> アメリカの属国云々の話は置いといて・・・
>
> イランへのアメリカの制裁は百害あって一利なしです。
> アメリカ政府のエゴしか感じられません。
>
> アメリカが北朝鮮やイランを、「悪の枢軸国」と呼んでいますが、アメリカこそがその「悪の枢軸」になっていることには気づいていないのでしょうね。
>
> 何でもかんでも、アメリカが一番、っていう時代はとっくに終わっているんです。
[ 2012/04/20 15:56 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

冬の寝子さん。

「情けない」のひとことですね。



> うふふ、「はとぽっぽ」とは、よくぞ呼んで下さいました。
> ボンボン育ちの彼は、ほんとに言動が軽い、一国を預けるに足る資質はとてもないと思っています。大金持ちだから大事にされてきたのに、それが間違った自信になってはいないのかと。
> かといってドジョウさんや陰の総理の様な側近の方々の様な、どす黒い腹芸の方々もまた、否定したい。ほんとに日本はどこに行ってしまうのでしょうか?
>
> アメリカの横暴、傲慢については仰せの通りに存じます。9.11事件であれほどの衝撃を受けたのに、近年ではベトナム戦争以降、他国を圧倒的武力で荒廃させ、人命を失わせることに、どうしてああも鈍感なのかとアメリカの正義とやらが受け入れがたい思いです。結局は国や商人の私利私欲中心ですのにね。
[ 2012/04/20 15:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/659-718d5c41