冬という季節




            冬という季節



         雨に追われて去って行くようです

         灰色の外套を着た冬という季節が
         別れ際には ポケットの中から
         ふいごを取りだして
         置きみやげの大風を
         吹かせてみせる

         こうして、去りゆく冬の背中を
         ぼんやり眺めていると
         街角の珈琲店の固い椅子から
         立ち上がり、
         汚れた窓硝子をすり抜けて
         あとを追いかけて行きたい
         気持になるのも
         風に舞い上がる雨のせいでしょうか

         夢の中で鳴りひびいていたベルの音は
         出発の汽車の合図で
         春で満員の車窓から見える風景に
         すこし寂しい冬が滲んでいます
         あとを追いかけて行きたい気持を
         もう、おわった、と言う声が
         押しとどめる

         雨に追われて去って行くようです
         冬という季節が
         春に追われて去って行くようです

スポンサーサイト
[ 2012/03/17 22:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

「暦と猫」の出版

冬が春に追われて去っていくように、放射能も
生き物が生きるに大丈夫なほどに希釈されたり、
去っていったりしてほしいものですね。

ところで、「暦と猫」が出版されるのですか。
ならば、嬉しいことです♪。実は、ブログの底に
沈んで行っては読めなくなると思い、1から順番
に読めるよう、全てWordにコピーさせていただ
いていました(いけないことだったでしょうか)。
コピーは無駄になりましたが、出版によって
公になる日を心待ちしております。
[ 2012/03/18 19:44 ] [ 編集 ]

  

<冬という季節が春に追われて去って行くようです>

この一節が良いですね感性でしょうかね

[ 2012/03/19 18:21 ] [ 編集 ]

Re: 「暦と猫」の出版

みず保さん。
まだ、決まった訳ではありません。
来週また打ち合わせに行くことになっています。
原稿ですが、よろしければ、データーで送ります。
アドレスを教えてくだされば。


> 冬が春に追われて去っていくように、放射能も
> 生き物が生きるに大丈夫なほどに希釈されたり、
> 去っていったりしてほしいものですね。
>
> ところで、「暦と猫」が出版されるのですか。
> ならば、嬉しいことです♪。実は、ブログの底に
> 沈んで行っては読めなくなると思い、1から順番
> に読めるよう、全てWordにコピーさせていただ
> いていました(いけないことだったでしょうか)。
> コピーは無駄になりましたが、出版によって
> 公になる日を心待ちしております。
[ 2012/03/20 21:08 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

さくら子さん。

ありがとうございます。
今日は少し冷たい空気もゆるみ始めているようです。
春光が待ち遠しいですね。

  
>
> <冬という季節が春に追われて去って行くようです>
>
> この一節が良いですね感性でしょうかね
[ 2012/03/20 21:11 ] [ 編集 ]

>原稿ですが、よろしければ、データーで送ります。

いえいえ。出版されれば買いますから(^◇^)
万一・・・ものときは、お願いします(そんなことないように、祈)。
[ 2012/03/21 10:57 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

みず保さん

出版されたときはまとめ買いをお願いします。
宝くじみたいなもんですよ。



> >原稿ですが、よろしければ、データーで送ります。
>
> いえいえ。出版されれば買いますから(^◇^)
> 万一・・・ものときは、お願いします(そんなことないように、祈)。
[ 2012/03/23 12:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/642-68f0f0e4