橋下市長に疑問符


あらゆる思想には、それなりの正当性がある。どんな犯罪にだって、
どんな戦争にだって、それなりの理由があったりするのである。
大切なことは、そうした場合に一つの決定論に身をまかせてしまわずに、
一度は疑問符をさしはさむということなのではないか。
友よ、疑問符をいっぱい持とう。
そうすれば、より多くの答えによって世界全体とつながるのだから。


寺山修司は「人生ならばこそ」でこう述べている。


橋下大阪市長の言動を見ていると全ての疑問符を破り捨てて、
ひとつの決定論に身をまかすことを強いているように思える。
残念ながら今回の大阪市長選挙は腐敗した労働組に対する
市民の怒りを巧みに利用した橋下氏の勝利なのだが、
その結果、橋下市長に全ての白紙委任状を与えたと考えてもらっては
困るのである。
かつて、小泉純一郎首相が「ぶっこわす」といって、
日本経済を本当に壊してしまったように、全てを壊してしまうことが、
もっとも良い解決策かといえば、そうともいえない。
「強力なリーダーシップをもったリーダーを」
という国民の思いは無い物ねだりの最たるものである。
古いものにも良いところはある。
頑固な老いぼれだって多少は評価してやっても良いものはある。
古いものの良い部分と、改めなければならない時代遅れ、あるいは
間違った部分を折り合いを付けていってこそ、
より多くの答えを導き出せるのではないだろうか。

個人的には、橋下市長については府知事に立候補したときから、
危うさを感じている。
戦争が好きな子供が大人になったように見えるのは僕だけだろうか。
石原東京都知事にも共通した部分がある。

どんなことも単純化してはならない。
政治で言えば二大政党制にすれば政権交代が容易になると、
いまの選挙制度になったが、それが間違いだったのは見てのとおりだ。
維新塾とかに大勢が応募したとかでマスコミが尻馬に乗って、
持ち上げているが、もし、この風潮が続くとしたら危険なことである。




スポンサーサイト
[ 2012/02/16 19:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

私の言いたいことを簡潔にまとめていただいたという
気持ちです。
ただ、いま多くの人が強力なトップを求めているよう
な気がします。だから実際の中身が悪しかれディベート
の上手さ、強力に訴える演説、事をひっくり返すような
内容による幻想等に、人は引っ張られるのではない
でしょうか。悲しいことですが。
[ 2012/02/25 09:56 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

みず保さん。

強力なリーダーシップを持つ人間が、
善であればいいのですが。
そうはいかないのが常ですね。
残念ながら。


[ 2012/02/26 20:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/618-ff13c3c7