ジャパニーズ・ボブテイル

このようなブログでは様々な趣味をみかける。
写真、料理、ハイキング、旅行(これはハイキングの拡大版と言って
いいだろう)そして、草花(鉢植えや、庭で育てる花も)。
これから春になると花の話題に文字通り花が咲くだろう。
自慢ではないが僕は木や草の名前を覚えられない。
まもなく花開く梅や桜は判別できるが、花が咲いていないと、
どれが梅なのか、どれが桜なのか皆目分らないのである。
木や花の名前を知っていたって何ほどのことがあろう、
という子供の頃からの不遜な考えに基づいているのだろう。
たしかにこの歳になるまでに花の名前を知らないからと言って、
惚れた女に届ける花束が返却されたことはないし、
曖昧な記憶を辿っても、入学試験で失敗したこともない。
また、鳥や猫、犬の類にいたっても、名前を言えるのはほんのわずかである。
鳥は少しは分る。身近にいる鳥たちは当然だろう。
猫はどうだろう?
シャム、ペルシャ、アメリカンショーヘアぐらいである。
僕の中では猫は<ジャパニーズ・ボブテイル>が本当の猫なのだ。
外来種に駆逐されて近頃はとんと見かけなくなってしまった
<ジャパニーズ・ボブテイル>トラ模様、三毛、白黒の尻尾の短い猫である。
削り節をまぶしたご飯と鰯の骨を食べているには見事に太っていた。

それが、今では舌を噛みそうな名前の猫が巾をきかせている。
我が家の猫も<ジャパニーズ・ボブテイル>だったら僕はもっと幸せな
気分で居られたろうと、無い物ねだりの思いに耽る。


   今日のニャンコ



bag-cat13.jpg
heart-cat14.jpg
heart-cat02.jpg

スポンサーサイト
[ 2012/02/14 22:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

飼っていました

去年の冬に死んだちょんちゅんのしっぽは短い渦巻でした。
ジャパニーズ・ボブテールと言っていいんでしょうか?
[ 2012/02/14 23:29 ] [ 編集 ]

おしゃれな猫

私が子どもの頃飼っていた子は、
しっぽの短い猫でした。
懐かしいです。
[ 2012/02/15 00:18 ] [ 編集 ]

Re: 飼っていました

みかんさん。
ちょんちゅんちゃんはまさしく、
ジャパニーズ・ボブテイルですね。
尻尾が曲がっているのが多いようです。
最近はみかけなくなりましたね。

> 去年の冬に死んだちょんちゅんのしっぽは短い渦巻でした。
> ジャパニーズ・ボブテールと言っていいんでしょうか?
[ 2012/02/15 10:42 ] [ 編集 ]

Re: おしゃれな猫

おしゃれな猫さん。
むかしの猫は尻尾が短いのが多かったように思います。
今でも田舎ではそうなのかもしれませんね。

> 私が子どもの頃飼っていた子は、
> しっぽの短い猫でした。
> 懐かしいです。
[ 2012/02/15 10:43 ] [ 編集 ]

猫はどれも同じ

山猫軒様  こんにちは~
 最近猫の魅力が少し分ってきた気がします。
一見、人を寄せ付けない誇り高さの反面気を許した相手には、独特の甘え方をする。ようするに犬も猫も
心を許せる相手には甘えん坊なんでしょう~
因みに我家のピースは八方美人です。
[ 2012/02/16 15:40 ] [ 編集 ]

Re: 猫はどれも同じ

レチチアさん。
そう、僕は猫も犬もどちらも好きです。
犬は底抜けの親愛の情を現しますね。
それに対して、猫は「仕方がないから少しは甘えてやるか」的です。
人間の女性もそのようなふるまいをするような気がするのですが。
数少ない僕の知り合った女性達がそうだっただけなのでしょうか?

> 山猫軒様  こんにちは~
>  最近猫の魅力が少し分ってきた気がします。
> 一見、人を寄せ付けない誇り高さの反面気を許した相手には、独特の甘え方をする。ようするに犬も猫も
> 心を許せる相手には甘えん坊なんでしょう~
> 因みに我家のピースは八方美人です。
[ 2012/02/20 19:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/617-c124da4d