聞き上手な犬

ローレンス・ブロックが殺し屋ケラーシリーズの「HIT MAN]
まさに「殺し屋」で犬のネルソン(オーストラリアン・キャトル・ドッグ)について、
こう語っている。

犬の一番の長所は、犬にはなんでも話せるということかもしれない。
犬は人間よりも聞き上手な生き物だ。犬が相手なら、相手を退屈させて
しまうのではないか、前も同じ話をしたのではないか、
自分の気持ちを吐露しすぎて軽蔑されるのではないかなどといった
心配は無用だ。
犬には何でも話すことが出来て、話もその場限りのものだ。
犬は他人に言いふらしたりしない。口論の最中にその話を持ち出して
咎めたりもしない。
と言っても、それは犬が話を聞いていないと言うことではない。
明らかにネルソンはケラーの話をちゃんと聞いていた。ネルソンに話し
かけているときに、ケラーが壁やネズミや金魚を話し相手にしているような
気持ちになることはなかった。話の内容まで必ずしも理解しているとは
言えないが、とにかくネルソンはよく聞いてくれた。


これを<犬のネルソン>から<猫のマオ>に置き換えてみよう。
猫も確かに、老いぼれの山猫軒の話を聞いてくれるときはある。
耳の裏を掻いたり、お腹を舐めたりしながら聞いていないふりをしながら、
何度も繰り返ししている古い話を聞いているのである。
ネルソンとマオの決定的な違いは、ネルソンがいつでもケラーの
話を真剣に(耳の裏を掻いたり、メシをよこせとは言わず)
聞くが、マオは自分の気分の向いた時だけということだ。
むしろ、ネルソンが聞き上手というなら、マオはけっしてそうとは言えない。
とても、おしゃべりな猫と思う。
大体は寝ているが、起きているときは机の上に座って(今も)仕事の邪魔をし、
メシを食いたいと、
PCの上を往き来しながら喉の奥をグヴヴと震わせてしゃべりまくる。
文句も言わずにそれを許す、聞き上手な山猫軒ではある。

もし、犬に散歩が不用だったら犬を飼っていたかも知れない。
ネルソンのように聞き上手な犬を。
ハンドルネームは「山猫軒」から「山犬軒」になっていただろうか?
犬好きの恋人が聞き上手ではないのはどうしたわけだろう。
幾つになっても分らないこととはあるものである。

2012021414300000.jpg


スポンサーサイト
[ 2012/02/14 14:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

こんにちは~

うちの華子はマオちゃんとまったく同じ^^

目を細めて寝てるのかと思いきや、耳だけはこちらを
向けて話を聞いてます。
パソコンに向かえば、さっとやってきて、何やら
ニャゴニャゴ言って邪魔して、私がこたつに入ると
自分も入れてくれ、とばかりにこたつ布団の端っこを
前足でちょんちょん。

ごはんが欲しい時は、「ニャァ~~~グルグル」です^^
ちょっと長めになるのではっきりと分かります^^

今日もまったりと華子と過ごしました。
[ 2012/02/14 16:13 ] [ 編集 ]

Re: こんにちは~

おしゃれな猫さん。

やっぱりね。華子ちゃんも同じですか。
マオは今も机の上でお尻を僕に向け、
座っています。


> うちの華子はマオちゃんとまったく同じ^^
>
> 目を細めて寝てるのかと思いきや、耳だけはこちらを
> 向けて話を聞いてます。
> パソコンに向かえば、さっとやってきて、何やら
> ニャゴニャゴ言って邪魔して、私がこたつに入ると
> 自分も入れてくれ、とばかりにこたつ布団の端っこを
> 前足でちょんちょん。
>
> ごはんが欲しい時は、「ニャァ~~~グルグル」です^^
> ちょっと長めになるのではっきりと分かります^^
>
> 今日もまったりと華子と過ごしました。
[ 2012/02/15 10:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/616-692342a8