雪降る夜


雪降る夜


宴のあとには寂しさが残る。
それが楽しければ、楽しいだけ一層寂しさは強い。
しかも、今日は夜になって雨が雪に変わった。
街路灯の灯りの中に降る雪を見ていると、
なおさらのことだ。

故郷の北国を思い出す。
雪道を踏みしめて、妻になったひとと、
歩いた日々のことなどが浮かんでは消える。
つい数日間の出来事と、古い傷跡が絡み合い、
何も変わらない明日が待ち受けている。

しばらく詩らしいものを書かなかった。
というよりも、書けなかったといったほうがいいだろう。
小説のようなものを書いているせいもある。
最近は感覚が次第に固まってきたように感じるのだ。
柔らかさや弾力性、そして感傷が失われつつある。
やはり、老いたのだろうか?
そう思ったりするのも、寂しさを感じることの原因なのだろう。

こういう時は、猫がいてよかったと、つくずく思う。
たとえ、凶暴であろうと、どうであろうとも、
心臓が動いて、生きているものがそばにいる。
「癒される」という言葉は嫌いだが、安らぎめいたものを、
放射する生命がそこにある。


2010_0526sanja0038.jpg


スポンサーサイト
[ 2012/01/24 00:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

猫や犬などを抱いていると、その柔らかい体の
ぬくもりにほっと心が和みますね。
これは、精神衛生上とてもヨロシイ事だと思います。
[ 2012/01/24 03:24 ] [ 編集 ]

あっ マオちゃんだ!

おはようございます^^
私もお正月が過ぎたあたりから
同じような気持ちになりました。
どうしてなんでしょうか・・・
疲れのせいか、年のせいか分かりません^^

でも、猫がいることで気持ちが柔らかい状態に
戻りました。
やっぱり猫はいい!
猫なしの生活は考えられません。
[ 2012/01/24 06:21 ] [ 編集 ]

>柔らかさや弾力性、そして感傷が失われつつある。

それだけの感性を持っている同年代の方って
なかなかいらっしゃらないと思いますよ。
独特の世界をお持ちだと思います。
私実は動物が苦手。
でも自分以外に命あるものが側に居てくれたら・・・
その代わりに、観葉植物をずらっと並べています。
花も生き物、私にとっては大切な癒し。
[ 2012/01/24 09:24 ] [ 編集 ]

マオちゃん、とっても素敵な表情がとれてますね。精悍で、若さが迸るようです。

山猫軒さんが嘆かれるような、柔らかさや弾力性、豊かな感傷は、私に廃れてしまって、それをあまり不思議とも思わなくなっている。そう思うと貴方の感性はまだまだ色濃く詩人なのだと、羨ましく思います。
[ 2012/01/24 10:13 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

トパーズさん。
ひっかき傷は絶えませんが・・

> 猫や犬などを抱いていると、その柔らかい体の
> ぬくもりにほっと心が和みますね。
> これは、精神衛生上とてもヨロシイ事だと思います。
[ 2012/01/24 16:13 ] [ 編集 ]

Re: あっ マオちゃんだ!

おしゃれな猫さん。
雪はどうですか?
猫は炬燵で丸くなっていますか?

[ 2012/01/24 16:14 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

greenさん。

観葉植物でも金魚でもいいでね。
命あるものがあると。

> >柔らかさや弾力性、そして感傷が失われつつある。
>
> それだけの感性を持っている同年代の方って
> なかなかいらっしゃらないと思いますよ。
> 独特の世界をお持ちだと思います。
> 私実は動物が苦手。
> でも自分以外に命あるものが側に居てくれたら・・・
> その代わりに、観葉植物をずらっと並べています。
> 花も生き物、私にとっては大切な癒し。
[ 2012/01/24 16:16 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

冬の寐子さん。

精かんを通り越して凶暴と言った方が・・・



> マオちゃん、とっても素敵な表情がとれてますね。精悍で、若さが迸るようです。
>
> 山猫軒さんが嘆かれるような、柔らかさや弾力性、豊かな感傷は、私に廃れてしまって、それをあまり不思議とも思わなくなっている。そう思うと貴方の感性はまだまだ色濃く詩人なのだと、羨ましく思います。
[ 2012/01/24 16:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/596-bef6ba90