続 猫と暦 居酒屋「コネコネコ」




   続 猫と暦 居酒屋「コネコネコ」とサブロー



ことほど左様なわけでダックスフントのアースの飼い主を捜し当てたものの、結局またアースを連れ帰ることになった。これまでと違うのは少なくとも飼い主が判明し、その飼い主から正式に預かって欲しいと要請されたことである。
無報酬だ。ボランティアとでもいったらいいのだろうか。
無断で人様のペットを飼うのではない。これからは大手を振って散歩に連れて行ける。
さて、猫のマチスはどうしたものか。この家に来てまだ何日もたっていないのに、まるでここで生まれ育ったかのようなふるまいなのだ。
何時飼い主のもとに返す日が来るのだろう。
しかし、ハナビィにとっては母親と一緒なのだから言うことはないものとみえて、いつもぴったり寄り添って眠っているのである。
そんな様を見ていると気持ちがふわ~っとしてくるのだ。
これといった趣味があるでもなく、何のために生きているのかなどということもすっかり忘れ去った生活を送ってきた男にとって、突然降って湧いたような猫たちと犬の存在は暗がりから急に燦々と降り注ぐ陽光の中に踏み出したときのような眩しいとまどいを感じさせた。

家に帰り着き、ハナビィたちに食事を与えて、「コネコネコ」に行った。
店には常連が何人かカウンターでサツキさん相手に呑んでいた。
「おお、タケさんのお出ましですよ」
彫金職人のサブローが声を上げる。もうすでに出来上がっている風情だ。
日本手ぬぐいを巻いたサブローの頭をぽん、ぽん、と叩いて隣に座った。
サブローは僕よりも大分若いのだが立派な禿頭である。
「おい、ハゲ、何時から呑んでるんだ?」と言うと、
「ハゲというな!」サブローは怒るのだが、それはいつもの挨拶なのである。
「サツキさん、ビール」
と言うが早いが既に目の前に生ビールが差し出されていた。
ありがと、と言いながらまずは喉を潤す。
「湯豆腐おねがい」と言う前にサツキさんは湯豆腐の支度をしている。
サツキさんの手回しの良さには時々はっとするほどだ。こちらの心を読んでいるかの如きなのだ。その時、ふいにハナビィたちと言葉を交した時のことが心を充たした。時間が経つにつれ、あれがあったことなのか、なかったことなのか、だんだん曖昧になってくる。
「わんちゃん、返してきたの?」
湯豆腐の鍋をセットしながらサツキさんが言った。
湯豆腐はいたって、シンプルなもので、昆布と白菜と椎茸、鍋の真ん中の金物の容器に刻んだ長ネギと削り節を入れた醤油が入っている。
鍋が煮立つのを待ちながら、
「それがね、また連れ帰ってきたんだよ」
「まあ、どうして?」
「しばらく預かってくれって言うもんだから、ね」
「タケさんほんとは嬉しいんでしょ」
答えないでいると、サブローが
「おいらのサツキと何をこそこそ話してるんだよ、むかつく」とからむ。
これも、いつものことなのだ。禿頭を撫でて、
「まあ、まあ、怒るな、湯豆腐でも食え」と言う。
サブローは豆腐が嫌いなのだ。それで、また一層怒るのだ。
廣瀬三郎との付き合いは長い。「コネコネコ」が始まるずっと前からの付き合いだ。得意先の会社のある町で時々立ち寄る小料理屋で禿頭の廣瀬三郎とよく顔を合わせたのが始まりだった。偶然にも住んでいる所が同じだったのもあって、サブローとはよく酒を呑む。気のおけない酒飲みで存外繊細な神経の持ち主でもあり、僕には数少ない友人の一人となった。
サブローは独り者である。離婚経験者の僕とは違って彼は生粋のシングルだ。
何故結婚しないのかを何時だったか聞いたことがあった。心底惚れた女がいたがその人が不幸にも病を得て若くして亡くなったと、ぽろりと言った。
それ以来そのことには触れない。
人間それぞれ重たいものを心に抱いているのだと、その時思った。
そのサブローの口癖は飲みに行く店の女将、ママたちを皆、
「おいらの○○」と呼ぶことである。亭主がいようとかまわないのだ。
したがって、「コネコネコ」のサツキさんもサブローからすれば、
「おいらのサツキ」となる。


   今日のニャンコ



CIMG3520s.jpg
 

秋田の花ちゃわんさんちのネコたち。秋田は雪です。

CIMG3435s.jpg



20120102125413211.jpg



20120102125347713.jpg


20120102125345051.jpg


2012010212530594b.jpg



スポンサーサイト
[ 2012/01/12 01:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

こんばんは~

山猫軒さん  こんばんは~
 猫と犬の話題が楽しい処ですね~
アース君は、いい預かり手が現れてよかったですね。
前の飼い主も...安心でしょう。
預けるなら安心できる人に預けたい物です。
我家も、可愛いピースと同居で癒されています。
[ 2012/01/12 20:09 ] [ 編集 ]

猫のマチスはハナビィといっしょに居てほしいなあ.......。
アースの飼い主と主人公の関わり方も楽しみですね。
世の中、なにがあっても不思議じゃないですから。
[ 2012/01/12 23:08 ] [ 編集 ]

Re: こんばんは~

レチチアさん。

猫も犬もいいですね。
アースは実在の名(迷)犬です。
ピースクンは?
当然名犬ですよね。



[ 2012/01/13 00:25 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TSUさん。

マチスはハナビィとずっと一緒だと思いますよ。
ほんと、世の中何があってもおかしくないですね。
これから、物語はどんどん色々なことが起きて、
ハナビィもマチスもアースも大活躍しそうです。


[ 2012/01/13 00:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/584-be244191