12月の電車




     12月の電車


   寂しさを鞄にいれて
   電車に乗った
   向かいの座席に座った女は
   どことなく
   あなたに似ている
   最近ぼくの視界の中にいる女は
   皆 あなたに似ていて
   鞄に入れた寂しさが
   そのたびに
   大きくなる

   いくつかの駅を過ぎ
   あなたに似た女はおりる
   そして
   また、別のあなたに似た女が
   向かいに座り

   白っぽく乾いた12月の街を走る
   電車の中で
   目を瞑り
   ぼくはじっとあなたを見ている
   膝の上の鞄を抱いて
   ぼくはじっとあなたを見ている
スポンサーサイト
[ 2011/12/23 11:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(9)

ありがとう

わたしの中にストンと入ってくる詩ですね。
白っぽく乾いた12月の街・・・良い感じ♪
[ 2011/12/23 23:42 ] [ 編集 ]

この時期

世間があわただしい時期は妙に寂しさが迫ってきます。
毎年、毎年、とっとと年末年始が過ぎることを願っているような気がしています。
[ 2011/12/24 07:01 ] [ 編集 ]

あなたに似た女・・・

どことなくあなたに似ている女は、山猫軒さんの永遠の女性ですね。
年々、私も寂しくなっています。
暑くても寒くても。
[ 2011/12/24 22:40 ] [ 編集 ]

わたしも・・・

寂しいのは~~わたしも。
12月は、みんな寂しいのかな?
[ 2011/12/25 00:16 ] [ 編集 ]

西田敏行の「寂しいのはお前だけじゃない」の
曲が思い出されました。古い歌ですが、私の
好きな歌のひとつです。
[ 2011/12/25 07:59 ] [ 編集 ]

Re: ありがとう

なつきさん。
その12月も残り僅かです。
激動の2011年が終わろうとしています。
来年はどんな年になるのでしょうか。

[ 2011/12/26 16:03 ] [ 編集 ]

Re: あなたに似た女・・・

ミルフィーユさん。
寂しいままに歳を取りました。
今年もそろそろ終りです。


[ 2011/12/26 16:05 ] [ 編集 ]

Re: わたしも・・・

かをるさん。
こんにちは。
明日は四国でも雪になりそう?
雪景色はもっと寂しい。
12月の雪は特に。


[ 2011/12/26 16:06 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

トパーズさん
西田敏行の歌聴いてみましたよ。
良い歌ですね。
知りませませんでした。
ありがとう。


[ 2011/12/26 16:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/571-8df6e8c6