寒い夜には


      

       寒い夜には




    寒い夜には
    寂しいって
    独り言 つぶやく夜には
    薄紫いろの桔梗の花を
    一輪 
    白いテーブルの上に飾り
    わたしは猫になる
    猫になれば
    開いた窓から夜空に
    軽々と歩いてゆける
    軽々と歩いてゆけば
    都市の灯りに隠された星が
    すぐそばに あって
    遠くの町で暮らすひとのもとに
    運んでくれる


    寒い夜には
    寂しいって
    独り言 つぶやく夜には 
    キジトラ模様の外套を着た
    わたしは猫になる
    猫になれば
    思い出の扉を開けて
    過ぎてしまった時間の旅に
    音もなくでかけることができる
    楽しかったあの日にでかけることができる


    寒い夜には
    寂しいって
    独り言 つぶやく夜には
    薄紫色の桔梗の花は
    白いテーブルの上で
    萎れてしまう
    猫になれない
    わたしの腕の中で
    眠る猫の夢の中で
    薄紫色の煙になる  
スポンサーサイト
[ 2011/12/01 17:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/555-6af7a129