ネコの惑星

2011110100240001.jpg



急いでやらなければならない事があるわけでもない。
また、やらなくても良い事もあるわけではない。
宙ぶらりんなのである。
気が晴れないとでも言うのであろうか。そういうときはひたすら掃除をする。
部屋を丁寧に掃除機をかけて周り、トイレの便器を磨き上げ、
浴室の排水溝の簀の子の汚れを歯ブラシで落とすのである。
無心の境地とでも言えばヨロシイのだろうか。
祝日なのである(昨日のことだ)。
最後にもうすでに十分に綺麗なキッチンのシンクを洗って、
さあ、どうする。


本を手にとって頁を繰る。
こんなときは小説は駄目だ。エッセイや短編がいいのである。
川上弘美「風花」を読み終えて「あるようなないような」と題したエッセイを
読み始めている。
小説を書き始めた頃のことを書いている「不明」を一つ読んで、
知らず知らずにため息をついてしまった。
ネコはベットで飼い主の心など知らぬげに丸くなっている。
少し寒くなりつつあるのであろう。だらしなく伸びて眠る姿を見なくなった。


もやもやと気持ちを宙に漂わせているうちに、不意に「映像」を見たくなった。
テレビを取り外して以来映像を見ることがないのである。
PCでの画像は映像とは違うような気がするのだ。
「映画を観に行こう」思いたったが吉日と近くの映画館の上映スケジュールを
調べて街に出た。
上野のアメ横商店街を通り抜けて池之端を目指す。
信号待ちの交差点に立て札の先端にスピーカーと取り付けたキリスト教の
説教がザワザワした人の群れのに降っている。
世の終りを説き、罪を許すと説いている。
年も押し迫ってあわただしくなる頃にはこの手の説教が現われる。
そうか、もうすぐ12月なのだなぁ、と今更のように過ぎ去る時間を
醒めた目で見たりするのである。


映画は「猿の惑星・創世記」だった。
祝日とあればさぞかし映画館も賑やかなことであろうと、珍しく人恋しい気持ちを
一杯にしてチケット買う。1000円なり。シニアの証明書を出せとは言われなかった。
7年前、シニアになりたてのころ恋人と行った新宿の映画館では、
嬉しいことに「免許証などを拝見できますか」と言われて感激した覚えがある。
しかも、とても可愛い女の子だ。
忘れられない出来事であった。
爾来一度として証明書の提示を求められたことはないのである。


映画が始まった。観客は十数人。
行きつけの酒場「ユロット」の定員すら充たしていないだろうと埒もないことを思う。
「猿の惑星」は最初、本を読んだ記憶がある。
映画はそのあとだった。
その頃SF小説に取り憑かれて(今は川上弘美に取り憑かれている)いて、
ずいぶんと読んだものである。
その「猿の惑星」第一作は知っての通りのストーリーで宇宙飛行士が、
未来の地球(猿が支配している)に漂着する話であるが、
印象的だったのはその飛行士の手記を読んでいるのは、
<人間ではなく猿であった>、という最後の一節である。
少し怖い思いをした覚えがある。


「猿の惑星・創世記」は人類の滅亡と優れた知能を持った<シーザー>の出現の
物語である。
アルツハイマーの治療薬を作る実験動物とされたチンパンジーが、
その薬によって人間を上回る知能を得る。
そして・・・・なのである。
人は誕生し、そして死ぬ。病も得る。
むやみにその流れをいじってはいけないのだと考えさせられる映画であった。


「ネコの惑星」なんてどうだろうかと、ネコだらけの町を想像しながら、
すっかり暗くなった街に出る。
交差点にはイエスキリストの教えの声はもう無かった。
町には猿でもネコでもないヒトで溢れ、中国語や韓国語ばかりが聞こえる。
まるで日本で無いようなあるような不思議な感覚が背中を寒くする。
フクシマ原発事故のあと一斉に逃げだした中国語も韓国語も、
また戻ってきたようだ。
皆さん「放射能」はまだ収まっていないのですよ。



  今日のニャンコ

643.jpg


87984aed.jpg


44149afc.png



スポンサーサイト
[ 2011/11/04 12:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(12)

上野の空気。

山猫軒さん。
 こんにちは。
 上野も寒いと感じる日が多くなったと感じました。 
 ネコは敏感ですね。

 ここに書かれた内容、またまた好きになりました。 
 普段、詩が読みとれないだけに優しく胸に響きました。
 人混みが恋しく感じ、都会で過ごした夕暮れの早い秋を思い出した次第です。
 ブログもマオちゃんも楽しみにしてます。

 リンク復活させました。
 どうぞよろしくお願いします。
[ 2011/11/04 13:16 ] [ 編集 ]

久しぶりの日記に気が付いて訪問しました。
しみじみ、そうですねぇ~と拝見しました。
私は福島から来た犬の散歩係に任命されて、朝夕の縛りに草臥れる日々を過ごしています。
寒くなります。風邪をひかぬようご自愛くださいね。
[ 2011/11/04 15:45 ] [ 編集 ]

嬉しいな^^

お邪魔します^^
読んだ後、なんだか嬉しくなりました。
どうしてかな?

シニア料金は60才からでしたかしら?
あと1年半ぐらいかな?
今はレディス料金で見られます。
[ 2011/11/04 17:41 ] [ 編集 ]

ご無沙汰!

わたしも、もうすぐシニア料金になります。
どれだけ、待ちわびたことか・・・
今は水曜日だけの特権ですが
いつでも、なら嬉しいなぁ。

猫さん、お元気そうでよろしいね。
飲み過ぎないよーに。
[ 2011/11/05 09:26 ] [ 編集 ]

こんばんは~
今夜は、共感しましたよ~
もやもやの気持ちを抱いて街に出る山猫さん
人恋しい山猫さん
フフ・・・秋のいたずらか!
[ 2011/11/05 20:46 ] [ 編集 ]

今晩は
前回のブログを拝見して、ちょっと
心配していましたが、大丈夫???
山猫節の大ファンです。
どうか、ブログは続けて下さいね。
[ 2011/11/07 03:51 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

冬の寐子さん。
コメントありがとうございます。
福島からの避難犬のお世話ご苦労様です。
寐子さんも風邪などひかれませんよう、お互いにですがね。
東京も少し寒くなりはじめました。


[ 2011/11/07 15:38 ] [ 編集 ]

Re: 嬉しいな^^

おしゃれな猫さん。

そうですか?嬉しいですか?
心配してくださって僕も嬉しい。
シニアは60歳からです。
貴女なら証明書持参が必要ですよ、きっと。


[ 2011/11/07 15:40 ] [ 編集 ]

Re: ご無沙汰!

しあわせさがしさん。

いつもシニア料金というのは魅力です。
映画だけではなくいろいろなことにこうした試みがあれば、
シニアの財布の紐は緩むと思うのですが。
ご忠告ありがとう。心してありがたく承っておきます。


[ 2011/11/07 15:44 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

かをるさん。

秋のせいかもしれません。人恋しくなるのは。
近くなら一緒に映画でもどう?って誘うところです。
秋のいたずらかもしれません。
[ 2011/11/07 15:46 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

トパーズさん

ありがとうございます。
ブログはこれまでとはちょっと違ったスタンスで接したいと思っています。

> 山猫節の大ファンです。

そうおっしゃってくださって嬉しいです。
これまでのように更新はできないかもしれませんがまた、おいでください。
> どうか、ブログは続けて下さいね。
[ 2011/11/07 15:49 ] [ 編集 ]

Re: 上野の空気。

モナリサひとみさん。
こんにちは。コメントへのレス遅れて申し訳ありません。
東京は暖かいのか寒いのかよく分からない日々です。
鹿児島はいかがでしょうか?
ブログは適当にやっていこうと思っています。
また、ときどきおいでください。
お待ちしております。

[ 2011/11/08 20:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/534-11390e3b