ニャンコ・ザ・プロジェクト 田代島




宮城県、田代島、猫の島である。
以前このブログで書いたことがある。
人間の数よりも猫の数が多い。
住民投票をやったら猫の意見が通るのである。
その田代島も今回の震災で甚大な被害を被った。
島の人口の9割が60歳以上の高齢者で、
産業は漁業(牡蠣の養殖が大半)というから、
立ち直ることのできないほどの被害だったという。


若い人の中に神奈川から脱サラして移り住んで漁師になり、
牡蠣の養殖に身を投じた人も居た。
その人も数千万円の養殖設備を失う。


そこで、考え出されたのが多くの人から支援を貰う
「ニャンコ・ザ・プロジェクト」だった。
最初は「三陸牡蠣再生プロジェクト」に参加しようかと思ったが、
田代島には「猫」がいる。
その猫を見ようと訪れる観光客は2008年には3200人だったのが、
2010年には四倍近い12300人に増えた。
これは、猫が招いたものである。
「猫」「牡蠣」を救うプロジェクトを立ち上げてネットで呼びかけたところ、
なんと、三ヶ月で1億5000万円もの基金が寄せられたのである。
「猫神社」(田代島にはある)の神様がきっと力を貸してくれたに違いない。


この事は<つぶやきかさこ>カメライターかさこさん
http://kasakoblog.exblog.jp/15939618/
のブログで知ったことである。
ネコ好きの皆様にもぜひとも覗いていただきたいブログです。


    今日のニャンコ



  恋は有刺鉄線をも乗り越える!!

3252e65a.jpg


  あっつ!いてて!

0a3ca229.jpg


 おおっつ!!いて!!

8f281aeb.jpg


  愛しの君よ!!

462a6eb5.jpg



7e283404-s.jpg

 
  花ちゃわんさんちの猫どもです。

CIMG2557s.jpg



   a904d680.jpg

スポンサーサイト
[ 2011/10/17 16:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

田代島、震災後気になっていました。行ってみたい島でした。基金はもう充分になったのでしょうか。
1週間ほど民宿でのんびりしたいけど、我が家に女王様がいる限り無理ですね。ただでさえ毎月仕事で留守にするので、旅行は遠慮してしまう。
山猫軒さんでも、そんなに留守にしたら、マオ姫の怒り爆発、当分お許しが出ないでしょう。
本当に、私たちは猫のしもべみたいですね(笑)。
[ 2011/10/18 10:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

冬の寐子さん。

田代島の基金はもう募集していないようです。
また、まだ、観光をするのには大変なようです。
落ち着いてから我が家の猫に言い含めて出かけたいものですね。




[ 2011/10/23 11:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/528-0302a46c