森の小径


<かをるのワルツ>http://iku20813.ashita-sanuki.jp/e468567.html
から。


E794BBE5838Fs4602.jpg




        あなたと 歩いた 
        確かな証拠がほしかった
        かすかな影がそここに見え隠れして
        あなたを虜にしようとすると
        水引草に風が立ち
        冷たい拒絶のふるまいに
        森の小径は
        秋の光りに充ちている


        過ぎてしまった小さな出来事を
        小包にして
        固く紐を結ぶ
        そして 
        忘れられぬ おもたい不幸と
        すぐ忘れてしまう かるい幸せを
        一緒に収めて
        さりげなく
        水引草の陰に置く


        





E794BBE5838Fs4604.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/10/02 20:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

いい詩をありがとうございました。

うっとりと読みました。
[ 2011/10/02 20:10 ] [ 編集 ]

ちょっと・・・

身につまされました。それでも、軽い幸せを抱きしめて歩いていこうと思います。
[ 2011/10/02 22:18 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

かをるさん。

あなたの写真はどうしてこうも、人を引きつけるのでしょうか。
不思議です。



[ 2011/10/02 22:39 ] [ 編集 ]

Re: ちょっと・・・

たぬきさん。

人はそれぞれ色々な愛の形を抱いて生きています。
それでいいのだと思います。



[ 2011/10/02 22:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/509-84de2595