余分の人生




「生物学的文明論」
の著者本川達雄センセイによると、
動物は皆等しく15億回の鼓動>を打つと、その生命を終えるのだという。
ネズミもゾウもネコも犬もクジラもである。
人間で言うと15億回には何年で達するかというと、41歳であるそうだ。
41歳で人間は髪が薄くなり、白髪が出始め、
老眼になる。
そして、生殖はほぼ終わる。
女性は閉経という現実がやってくる。


生物が存在する所以は生殖行動以外のなにものでもない。
子供(わたしのコピー)を作り子供はまた子供(可愛い孫)を作る。
それが繰り返される限り私たちはどこまでも生きていけるのだ。
この肉体がその使命を終えてもコピーされた私たちは生き続ける。
生殖機能を無くした生物は生きる目的を終えることになる。
人の場合はそれからがオマケの人生になるのである。
「楢山節考」の姥捨てが示すように、生産的役割を終えた(生殖も含めて)
人間は社会にとっては余分な存在であったように、
それは現在の社会にとっても興味深い話である。


縄文時代の人の寿命は30歳だったと推定されている。
平安、室町時代でも31歳である。
60歳以上生きたのは100人に一人。
江戸時代になっても40歳代、昭和22年に至ってもまだ50代である。
みんなが70だ80歳だということになったのはごく最近のことなのである。
なぜ、寿命が延びたのかというとそれは科学の力なのである。
言い方を変えれば「生かされている」ともいえよう。
食べるものに困らず、野獣にも、病原菌に喰われることがなくなり、
医療のめざましい進歩のおかげで私たちは長生きをすることになった。
また、上下水道の発達による衛生設備、豊かな食生活、
冷暖房などのおかげであることも分かる。


では、その余分ともいえる時間を私たちはどのように使っているのだろうか。
41歳から先は<オマケ>というのは少々乱暴だとはしても、
オトコで言えば仕事を止めたとき、オンナでいえば子供たちが、
自立した生活を始めたときから先のことと考えても、
果たして社会に対して役に立つようなことをしているのかと問われれば、
答えに窮する人も多かろうと思うのである。
時間はまだたっぷりある。
どのように生きるのが良いのかを考えてみよう。


不肖山猫軒はそれを考えるのが嫌だから、
死ぬまで仕事をすることにしている。
だから、「余分の人生」はわたしには無い。


    今日のニャンコ


   今日も駅で飼い主を待つグレアムくん 

93290eb4.jpg



83e788ea.jpg



355b9fb9.jpg



77f923a7-s.jpg



these_funny_animals_777_640_21.jpg



3e2fcc78-s.jpg

スポンサーサイト
[ 2011/09/28 15:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

おまけはいりません^^

私も、死ぬまでずっと仕事をして、
燃え尽きて、ぱたっと逝きたい。
おまけはいらないです^^

[ 2011/09/28 16:54 ] [ 編集 ]

おまけ

私は、仕事仕事の人生でしたので、
ある意味男性と同じで、仕事を辞めた
今、からがおまけの人生です。

おまけを何とするか、考慮中です。
昨今、おまけがメインの女性誌が花盛りです。
[ 2011/09/28 21:10 ] [ 編集 ]

私も、ミルフィーユさんと同じ。

退職して1年位は、体がまだ仕事モード
になっており、なかなか趣味の世界に
没頭することができませんでした。
2年目を過ぎてから、やっと第二の人生
を愉しみ始めています。
[ 2011/09/29 00:07 ] [ 編集 ]

仕事をやめた時が人生の一区切り。
其処からの人生余分とは思いたくないので
あれこれ目標を探し
仕事に代わる目標を見つけ
私の支えになっています。
死ぬまで現役素晴らしいです。
[ 2011/09/30 14:01 ] [ 編集 ]

40代ですが。

私は43歳で仕事をとりあえず、退いた。20年、過労と心労で倒れては救急車で運ばれ、それでも仕事を続ける地獄を歩いてきた。もういい。と思った。あれから1年半。そんな私を頼って、また仕事が舞い込もうとしている。わくわくする自分と、またかよ~と思う自分がいる。人間は勝手な生き物である。ただ、長生きする気のない私は、今日も酒を飲み煙草を喫み、超運動不足状態であり、さらに超不規則な食生活を送っている。
[ 2011/09/30 14:57 ] [ 編集 ]

Re: おまけはいりません^^

おしゃれな猫さん。
あなたの場合はなかなか燃え尽きないでしょうね。
あと半世紀はかかりそうですよ。
当然オマケなんかない。


[ 2011/09/30 22:49 ] [ 編集 ]

Re: おまけ

ミルフィーユさん。

そうですか、オトコ的な人生だったのですね。
オマケの人生では大いに短歌を作りましょう。
詩もね。
かつての「光芒」の同人ですから。




[ 2011/09/30 22:54 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

トパーズさん。
こんばんは。
まだ時間はたっぷりありますよ。
ゆっくり考えましょう。
決まったら教えてくださいよ。
ナイショにと言っても僕は口が軽いから保証の限りではありませんが。


[ 2011/09/30 22:57 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

greenさん。

行動的な方とお見受けしました。
大阪の女性はオトコを圧倒しますね。
これからもいいお付き合いができたら嬉しいです。


[ 2011/09/30 23:04 ] [ 編集 ]

Re: 40代ですが。

たぬきさん。

あまり、無理せずにゆっくり生きましょう。
長生きしたくないと言いつつ、
きっと、あと半世紀は現役だと思いますよ。
煙草も酒も大いに結構。
運動なんかしなくても大丈夫です。
この僕がそうですから。


[ 2011/09/30 23:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/507-91df51dd