猫の散歩道




<猫の散歩道>保坂和志
  中央公論新社

<モモ>ミヒヤエル・エンデ 大島かおり訳
   岩波書店

2011092116010000.jpg


二冊の本を読み終えた。
読書感想文を書けと、言われても難しい。
不肖山猫軒、自慢ではないが子供の頃から読書感想文が苦手だ。
それでも、感想を述べよ!というのであれば、
<猫の散歩道>
「猫にお正月はあるのか?」と題した一文がいい。
猫は何も言わずに日がな一日寐てばかりいるから、
人間は多少家を留守にして旅行などに行ってもいいだろうと、
考えがちだが、猫が寐ているのは人間がいるからなのではなかろうか?
と思わせるエッセイなのである。
クリスマスがきてお正月が来る。
ある女性(不倫関係の恋人がいる)は
「クリスマス、正月は愛人にとっては最も嫌なシーズンだ。
相手の男はその期間だけ家庭に戻り、”いい亭主”いいお父さん”を演じ、
愛人である私は一人淋しく部屋で過ごすことになる」
これは「猫も同じじゃないか」と思ったとある。

猫はこのシーズン一匹部屋に置かれる。
夜遅くまで主は何処かで楽しく騒いでいるのだ。
まあ、我が家ではクリスマス、正月は何処にも出かけない。
普段の日のほうが留守がちになる。
その間、猫はじっと孤独に耐えているのである。


ネコを飼っているある家で、家族が
「留守の間中猫はいったいどうしているのだろう。」
という話になり、部屋の様子をビデオカメラで録画したという話を聞いたことがある。


さて、家の者は外出する。
猫は椅子の上で寐ている。
ところが、人間たちがドアを閉めて出て行った途端、
寐ていた猫がむっくと、起きあがって、
玄関にトット、トッと歩いて行く。
そして、戻ってきて他の部屋を覗いて周り、
また、玄関に来て座り込み、
「ニャァ、ニャァ」鳴き始めた。
ややしばらくそうしていたが、諦めてまた、椅子の上に寝そべる。
そしてまた、玄関に行って鳴く。


その様子を帰ってきた飼い主たちが見て、
可哀想なその姿に胸をうたれて、
皆おいおい泣いたそうである。


山猫軒も経験がある。
ドアを閉め、鍵を掛け、エレベーターを待っている間に、
猫の鳴き声がするので、そっと、足音を忍ばせて、
ドアに耳をよせ聞き耳を立てると、
マオが「ニャゴ、ニャゴ」鳴いているのである。
ドアを開けてみると玄関の上がり框のところにマオが座っている。
それで、可哀想になって出かけるのを止めたことがある。


猫は人間がいるから安心して寐ているのではなかろうか?
ウチのマオはいつも山猫軒のそばで寐ている。
トイレに行けばペタペタ、先に入る。
風呂にはいるとやっぱり入りたがる。
あるいは入り口で座って待っているのである。


あまり無視していると、ベットの中にネズミのオモチャを、
次々と持ち込む。
かくして、山猫軒の寝床はネズミだらけになるのである。


<モモ>については、この次ぎにしよう。



    今日のニャンコ
    

f882b998.jpg


nekophoto8357.jpg


daily_picdump_783_640_08.jpg






スポンサーサイト
[ 2011/09/22 09:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(15)

なんと可愛いマオちゃん!
これまで散々、わがままだの怒りんぼうだのと書き散らしておられたけど、本当はとってもいじらしくて、愛しくてならない存在。素直に書けないのは男のテレなのでしょうか。
きっと、恋人もそうなのでしょう。

幸せな山猫軒さん。共に愛猫を得て幸せで、よかったです♪
台風は大丈夫でしたか?関東も被害甚大で案じております。

[ 2011/09/22 11:33 ] [ 編集 ]

こんばんわ~
留守中のそんな姿を見てしまうと
気ままだ、マイペースだと思っていた猫ちゃんも
いじらしくてたまりませんね~
ほんと、そう言われてみれば
暑い夏でも、くっついてきますもんね
「モモ」懐かしいなぁ
小学生のころ、読んだ記憶があります
[ 2011/09/22 18:26 ] [ 編集 ]

失礼なことをお聞きします。

お早うございます。
山猫軒さんの猫に対する愛情は、ブログを開くたびにいたく感心しているのですが、数々の猫の不思議なポーズはどうしても尋常のものとは思えません。これは写真加工なのでしょうか?叱られるのを覚悟で致します。

PS
お見舞い恐縮です。いい年をして子供の水疱瘡みたいなもので、1週間くらいで直るそうです。
[ 2011/09/23 11:08 ] [ 編集 ]

猫が好き!

何と、優しい山猫さん。
猫が家人が出かけてしまうと、そんなに淋しがるなんて・・・・・

でも、3枚目の写真には思わず吹き出してしまいました。
トイレに手を突っ込んで、
自分もかごの端にきちんと足をのせ、
ちょっとビックリお目目の表情が可愛い~~
[ 2011/09/23 11:30 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TOKKOさん。
お久しぶりです。
猫は本当はシャイなんですね。
素直に「大好き!」と言えないのです。
これは僕も同じ。

「モモ」小学生向けの児童書ですね。
大人に読んで貰いたい一冊です。


[ 2011/09/23 13:11 ] [ 編集 ]

Re: 失礼なことをお聞きします。

永遠のハードバッパーさん。
こんにちは。
不自由な目でよくぞ拙ブログをご覧いただきました。
猫の写真はネットからちょうだいしたものです。
加工したのもあるでしょうが、
大抵はそのままだと思います。
ネコとの長年にわたる生活から察するに、
このような可笑しげな、あるいは可愛い、しぐさはあり得ます。
「猫事記」金子都美絵さんのブログをごらんいただければ肯けますよ。
子供の水疱瘡にかかった年寄りのハードバッパーさん、
まだ若いと言う証拠ですね。
直ったら快気祝い、御徒町界隈で酒をご馳走してください。
あなたのほうが先輩ですからね。

[ 2011/09/23 13:18 ] [ 編集 ]

Re: 猫が好き!

ミルフィーユさん。
この写真はいいでしょう。
我が家のマオにこれを躾けようとしてもダメでした。
人間の便器で用をたす猫の話を聞いたことがありますが、
これもそのたぐいでしょうか。


[ 2011/09/23 13:22 ] [ 編集 ]

うちの子もです

私が仕事に出かけたあと、しばらくの間は
玄関で鳴いているそうです・・・
寂しいんだろうなぁ。

誰もいなくなった家の中で、何をしているのか
木になりますね^^

「モモ」のドイツ語版が家にあります。
長女がドイツ語の授業で紹介されて、
欲しい、と言うので、アマゾンで買いました。
私もドイツ語をとったのですが、ちんぷんかんぷん^^

[ 2011/09/23 16:06 ] [ 編集 ]

数日家を空けた後、確かに玄関で抱かれて
お手手モミモミ
いつもはしない赤ちゃんのお乳を飲むしぐさをしました。
かわいそうだけど。人間には人間の都合あり…なやましいところです。

ところでモモも楽しい本だったでしょ?
それはこの次でしたっけ^^;
[ 2011/09/23 22:17 ] [ 編集 ]

ネコちゃんもワンちゃんも同じですね。

まるで、我が家のワンちゃんのようです。
玄関を出ると、しばらく玄関口でキャンキャン言ってます。
後ろ髪を引かれる思いがしますよね。
[ 2011/09/23 22:44 ] [ 編集 ]

おはようございます。

みなさんの猫さまへの愛情には、頭が下がります。
ワタシも飼えば、きっとそうなるだろうと思うのですが
念のため、ヨークシャテリアのビビと13年間暮らした経験ありです。

以前に、悩まされる野良猫ファミリィーのことを書いたところ
もうワタシのブログ開く気にならなくなった~と言われましたぁ~~










[ 2011/09/25 10:45 ] [ 編集 ]

Re: うちの子もです

おしゃれな猫さん。

やっぱりね。鳴いているんだ。
「モモ」のドイツ語版、読めたらいいですね。
僕としては「下町ロケット」よりコチラがお勧めです。


[ 2011/09/25 23:38 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

みかんさん。
「モモ」楽しくもあり、考えさせられる本ですね。
また、読み返しているところです。

[ 2011/09/25 23:40 ] [ 編集 ]

Re: ネコちゃんもワンちゃんも同じですね。

なつきさん。
ワンコは何となく分かります。
猫はそんな風ではないところがまた、なんとも。
「あたしは、あたし」的、唯我独尊、勝手もの、
我が儘なところがあるから、
実はそうではないというギャップが可愛いのです。

[ 2011/09/25 23:43 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

かをるさん。
こんばんは。
犬も好きです。
猫はもっといいけれど・・・
昔は野良猫も社会の一員みたいで、ちゃんと街に溶け込んでいたのに、
最近では人間に余裕が無くなったせいでしょうか?
残念でなりません。

[ 2011/09/25 23:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/501-fdcd6ede