丸い椅子


ippuku21.jpg

<ふりむけばアクア>http://mizukusaji.blog56.fc2.com/page-1.html
komaojiさんからお借りしました。




この椅子が好きである。
ここに座ると水辺にいるような気がする。
丸い形がいいのである。
僕らの周りにあるものの多くは角張っている。
建物も部屋もテーブルもパソコンも四角で固い。
角、角、四角だ。


痩せたオンナよりも丸いオンナが好きだと、
昔まだ痩せてホッソリしていた若い恋人に言ったことがある。
それから、十六年、山猫軒の期待に応えて、
その人は見事に丸くなった。
一年毎に1㎏、増えたのである。
でも、やはり、あの痩せて角、角、していた若い女よりも、
丸くなって少しだけ歳を取った人がいいのである。


そう、丸い椅子に座って水槽のなかを見ていると、
ゆったりした気分になれる。
そんな時はきっと、我が家の凶暴なネコも穏やかな表情で、
膝の上に乗って喉を鳴らしているに違いない。


この椅子に座って読む本はどんな本だろう。
多分、昨日読み終えた、
「原子力神話からの解放」高木仁三郎著
はちょっと、違うかな。
「猫の散歩道」
「モモ」
が似つかわしい気がするのだ。


丸い椅子は丸い恋人のようだ。
もしかすると、あなたは
「癒されるのですね?」
とおっしゃるかもしれない。
しかし、僕はこの「癒される」という言葉が好きでない。
どうしてかと、説明するのは難しい。
「感動する」という言葉も好きでない。
どことなく安直な物言いで嫌だ。
じわじわ染み込むような浮遊感、羊水の中の胎児のように、
身体も心も丸めて漂う。
「癒される」という言葉では言い表わすことはできないのだ。
「感動」も。


丸い椅子に座って僕はもの思いに耽る。
トゲトゲした心が次第に柔らかくなって、
夜のなかに溶けいるのである。


スポンサーサイト
[ 2011/09/18 18:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

椅子

独身の頃(30才でした)、エマニエル夫人の椅子が
欲しくて、似たような籐の椅子を買いました。
座り心地がイマイチで、すぐに売ってしまいました。

[ 2011/09/19 20:10 ] [ 編集 ]

丸い椅子

私もこの椅子は好きです。
おしゃれな感じですね。
物思いにふける時間も必要です。
何も考えず、ゆったりと。
[ 2011/09/20 07:28 ] [ 編集 ]

癒しも感動も

私は嫌いです。特に「癒し」が嫌ですね。氾濫しすぎて、うすっぺらい感じがします。安物の下敷きみたい。
[ 2011/09/20 17:20 ] [ 編集 ]

Re: 椅子

おしゃれな猫さん。
おはようございます。
きっとその籐の椅子は観賞用だったのですよ。



[ 2011/09/22 10:08 ] [ 編集 ]

Re: 丸い椅子

まこさん。
あなたにはこの椅子がお似合いかと思います。
ゆったりとしていて。


[ 2011/09/22 10:10 ] [ 編集 ]

Re: 癒しも感動も

たぬきさん。

本当ですね。
<癒やし><感動>もあちこちで皆が使い始めると、
色あせて安物になってしまいます。
言葉はもっと大切に使いたいものですね。


[ 2011/09/22 10:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/499-7392c154