M氏の場合その二

2011091510520002.jpg

   飲み過ぎて動けないマオである。


秋田の銘酒「千代緑」
過日、秋田のオネエサンから頂いた。
スカイプとメールだけの関係で、会ったこともない人から、
このようなものを送られると、
はらはらと嬉し涙が流れ落ちる。
歳を取ると涙もろくなるのだ。


このうまい酒を一人で味わうのはもったいない話だからと、
久しぶりに<ユロット>へ一升瓶を持っていった。
(二本送ってきたからね。)
ちょうど酒大好きのオネエサンkコさんがカウンターにいるではないか。
Kコさんは福島県いわき市出身の酒豪なのだ。
酒は、秋田の酒だ。
アキタ美人から送られてきた酒をフクシマ美人が飲むのである。


美味しくいただきましたよ。
CAOさん。ご馳走様でした。


ここにおいでの皆様方、それぞれお住まいのところには、
きっと、郷土自慢の日本酒があることと思うので、
不肖山猫軒に飲ませてみたいと思ったなら、
遠慮は要らぬからお送り下されたい。
いつでも、大歓迎である。


<ユロット>の常連客とうまい酒を飲めば、当然酒のツマミとして、
人のうわさ話に花が咲く。
そう、そのツマミは<M氏のその後>なのである。
上野広小路界隈の店に通い始めたM氏であるが、
それ以来プッツリ<ユロット>に姿を現さなくなった。
口さがないアメ横のフクロウたちの話によると、
M氏がスナックに行くきっかけになったのは、
<ユロット>の常連客でもあるM代ちゃんである。
M代ちゃんは酒好きのイイオンナだ。
性格も良い。
山猫軒がスキなタイプなのである。
ということはカンシャク持ちの恋人のキライナタイプということでもある。


M代ちゃんの勤めている店は、スナック(あるいはミニクラブ)でオネエサンたちが、
オトコたちのためにそれは楽しいひとときを演出してくれるのである。
そして、このような店では守らなければならないルールがある。
客もそこで働くオネエサン達もだ。
この店がどのような給与システムをとっているのか分からないが、
一般的に女の子が多い店では売り上げに応じて、
加算される。
特に同伴出勤などというシステムをとっている店は
大体そう言うことになっている。
だから、客の担当のオネエサンは一人と決まる。
それ以外の同席するオネエサンはヘルプとなる。
この世界では、ヘルプのオネエサンが他のオネエサンの客を
横取りするのは御法度なのである。
水商売の世界ではお客も大事だが、
オネエサン(凄腕であればあるだけ)はそれ以上に大切だ。
だから、客の取り合いなどと言うことはあり得ない。
もし、ナイショでM代ちゃんの客と懇ろになったオネエサンがいたとしたら、
女の子は首か客は出禁になることもある。
最近は緩くなっているのかも知れないが、
山猫軒が商売していた頃はそうであった。


M氏は最初<ユロット>の常連客M代ちゃんの客として、
その店に行き始め、M代ちゃんをアフター(店がハネてからの付き合い)
に誘ったが、M代ちゃんにその気がない。
M代ちゃんはM氏がタイプでなかったのかも知れないが、
M氏の思いどおりにはならなかったということは確かだ。
そこで、M氏は別のオネエサンに狙いを変えた。
K美オネエサンである。イイオンナらしい。
凄腕でもあるらしい。
ということは油断がならないということでもある。
下手をすると丸裸にされてしまうかもしれない。
鼻の下を伸ばしたり引きつらせて店に通って、
最後は惨めな結果になるのは当たり前のことなのだ。
凄腕のオネエサンは店からは
「よくやった!」と評価が上がり、
散々、散財して捨てられたオトコは「水に落ちた犬」同然なのである。


水商売のルール違反のK美嬢、ママ、M代ちゃんと三者会談が行われたどうかは
知らないが、とにかくM氏の担当はK美嬢になった。
M代ちゃんとしてはそのほうが良かった思っているのだろうと、
山猫軒は勝手に想像する。
そして、M氏はせっせとK美嬢のところに行くことになった。
どこまで、進展したのかなどというゲスノ勘ぐりは、
この際止めておく。


今、<ユロット>の常連客たちはM氏が何時、ユロットに現われるかを、
賭けようと盛り上がっている。
ある者は今年いっぱいは、来ない。
また、別の者は言う。
「M氏の財力がいつまで持つか?だろう。」
「オンナの懐は底なし沼だから。」(経験者談)
「マンション売ればいい。」
M氏が<ユロット>にまた姿を現す日を、当てるのは難しい。
しかし、大方はそう長いことではない、
「金の切れ目が縁の切れ目」で捨てられるのは時間の問題ということで、
意見の一致を見ている。


六十を過ぎたオトコの舞い上がった姿を見るにつけ、
四十年前の山猫軒の若き日の苦い思い出がこみ上げてくる。
少しだけだが「羨ましい」気持ちを持って。



0346_352_1.jpg





スポンサーサイト
[ 2011/09/16 13:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

M氏

あ~あ、、、
M氏はやく気がついて泥沼から這い上がれたらいいけどねえ。(-.-)y-゜゜゜
歳とってから女に入れ込むとなかなか難しいって聞くけど。
ナンマイダナンマイダ・・・(^_^;)
[ 2011/09/16 17:36 ] [ 編集 ]

秋田のお酒

お礼がすっかり遅くなってしまいました。美味しいお酒、ご馳走さまでした。
楽しいお話も、ありがとうございました。

すっかりご機嫌になり、昨日、今日と張り切って働いちゃいました。
[ 2011/09/16 20:58 ] [ 編集 ]

そのうちに

「勝駒」でも送りましょうか?飲んでも飲んでも飽きないお酒です。
豪華絢爛の「米の芯」もありますが。
富山は酒どころですから。
[ 2011/09/18 17:01 ] [ 編集 ]

Re: M氏

やまとおのこさん。

ご愁傷様でした。
チ~ん・・ってなことに。



[ 2011/09/18 19:06 ] [ 編集 ]

Re: 秋田のお酒

いわきびとさん。

美味しいお酒のお礼はアキタ美人へ。
また、飲みましょう。
酒の肴は当分切れることはないでしょうから。


[ 2011/09/18 19:08 ] [ 編集 ]

Re: そのうちに

たぬきさん。

お心遣いありがとうございます。
富山の酒、最早心はそこへ飛んでいます。


[ 2011/09/18 19:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/498-96bd73ed