職業政治家は

職業芸術家は一度亡びねばならぬ
     <農民芸術概論>=宮沢賢治=

宮沢賢治がこういっていると前置きして、
職業政治家は一度亡びねばならぬ
こう切り出したのは民主党結党の前年の設立準備のためのある会合で、
わたしたちに語った、高野孟氏であった。

会議の参加者に職業政治家は一人としていない。
市民参加の政治を目指して、
日本各地にローカルパーテイー(地域政党)が生まれ始めていた中でのことである。

そして、民主党が今、政権をとり、
何が変わったのか、あの、会議での熱気はあるのか。
いま、民主党の中にあのときの出席者の姿はない。

職業政治家は亡びないのだ。


そんなことは、どうでもよろしい。
職業芸術家ではないアマチュア芸術家は今日も、
難解な現代詩の向こうを張って、
甘い、あま~い、せつなくも感傷に満ちた詩を書きますから。
みなさん、よろしく、ごひいきに。
そして、
おきばりやす。


煙草


ゆるゆるうごく 春の風に
背をむけて
若いおんなが
ひっそりと 煙草を吸っている
うしろめたい種子はとうに
屋根の上の鳩が飲み下し
吐き出された薄い煙が
媚態をこしらえて
拡散してゆく

一本の煙草があるゆえに
飢えはとりあえず忘れ
短いねじれた吸いさしの一服が
きのうの戦場を無かったことに
半分にちぎって
友に渡した<しんせい>が
あしたの希望を生んだ

いつから、悪いことに
なったのだろう
ほんとうに 毒であったなら
すでに ぼくらは死に絶えている
この国の豊かさはあるはずもない

都会の埃っぽい路地裏で
若いおんなが
ひっそりと 煙草を吸っている
にがい煙を吸い込んで
小さな空に
ぽっ、と、
寂しい煙を放っている


わたしは煙草を休んでいます。念のため。






スポンサーサイト
[ 2010/04/24 19:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

「しんせい」 なつかしい!

山猫軒さま、こんばんは。「しんせい」ってタバコの名前、今の若い人知らないかもしれませんね。でも、この詩にはピッタリの名前。言葉ってたくさんストックがあると、いろんな意味で詩も広がります。ちなみに私は煙草を吸いませんが、祖父がタバコ店をしていまして、子供の頃、良くお店番をしましたので覚えています。

...............職業政治家.................
有権者も求めちゃうから、いけないような気もします。でも考えたらプロって不思議な言葉ですよね(笑)
[ 2010/04/24 19:51 ] [ 編集 ]

Re: 「しんせい」 なつかしい!

shirayukiさま。
「しんせい」まだあるようです。
2年ほど前父が亡くなりましたがその時父の机の中から、煙草のカートンがたくさん出てきました。「しんせい」でした。
たばこ屋さんに頼んで取り寄せていたようです。父は90さいの誕生日を迎えて旅立ちました。棺にはその「しんせい」を全部入れてやったことは言うまでもありません。
母はその2年まえに86歳で亡くなりました。
ヘビイスモーカーでした。咽頭癌で喉に穴を開け声を失っても、
煙草を喉の穴から立ち上らせて、笑っていました。
長生きしました。
そんなことを思いながらの詩です。

市民権を失った煙草へのレクイエム、それと、愚かな我々人間の自嘲を込めて。



> 山猫軒さま、こんばんは。「しんせい」ってタバコの名前、今の若い人知らないかもしれませんね。でも、この詩にはピッタリの名前。言葉ってたくさんストックがあると、いろんな意味で詩も広がります。ちなみに私は煙草を吸いませんが、祖父がタバコ店をしていまして、子供の頃、良くお店番をしましたので覚えています。
>
> ...............職業政治家.................
> 有権者も求めちゃうから、いけないような気もします。でも考えたらプロって不思議な言葉ですよね(笑)
[ 2010/04/25 12:04 ] [ 編集 ]

休んでるの?

煙草は いろんな 想い出引っ張ってくるなぁ。
アタシ ヘビースモーカーだった。
三年前に やめた。
長生きしたい 一心で。(笑)
ほんとは 体調悪かったから。

(虚弱体質なので・・・嘘だけど)


[ 2010/04/25 15:48 ] [ 編集 ]

Re: 休んでるの?

煙草、僕も2~3箱吸っていた。
止めたのは体調不良の時からでしょうね。
きっぱり止めようなんて気持ちではなく、
吸いたいときは吸う。
緩い感じ。
だから、いまでもキッチンに煙草があります。
無いとフアンになる。
酒も同じ。
酒は止められないけれどね。

長生きしたいという理由ではありません。
父も母も長生きでした。
二人とも煙草が好きだった。
母などは咽頭癌で喉に穴開けて、声を失ったのに、
その穴から煙をくゆらせて、何年も生きましたよ。

だから、僕は煙草を止めようとは思わないし、、
或いは人にヤメロとは言いません。
吸いたいときに吸えばいい。
そんな風に思います。

この詩は煙草を吸う人の応援歌かな。

> 煙草は いろんな 想い出引っ張ってくるなぁ。
> アタシ ヘビースモーカーだった。
> 三年前に やめた。
> 長生きしたい 一心で。(笑)
> ほんとは 体調悪かったから。
>
> (虚弱体質なので・・・嘘だけど)
[ 2010/04/25 17:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/48-7a55acb1