喫煙者の楽園




梅雨も明けたような天気である。
この暑い中、働き者の山猫軒は仕事であった。
朝一番で小伝馬町、そして午前十時半には虎ノ門である。
虎ノ門はJT本社ビルの工事管理だった。


流石に、JT本社だ。
館内は禁煙ではない。
オフイスでも社員の方達(土曜とあってほんの数人だったが)も、
プカ、プカ、紫煙をくゆらせている。
当然工事関係者の詰め所もほぼ全員と言っていいほど、
煙草を吸っているのだ。
いつから休煙しているのか分からない山猫軒も、
気分が悪くなりそうなほどである。


「煙草を吸わない人間は入館お断り」
とでも言わんばかりだ。
喫煙者の最後の楽園とでも言ったらよいのだろうか。


休煙中の山猫軒は喫煙者にはとても寛大な心の持ち主である。
高校1年の夏に、悪い先輩に教えられた煙草と酒。
これをやって初めて大人の資格が得られたと思ってから、
どのくらい煙草を吸ったであろうか。
意志薄弱、カンシャク持ちの恋人と、性格の悪いネコには、
頭の上がらない山猫軒ではあるが、
どうしたわけか、煙草は休み続けている。
きっぱり止める自信がないので、
何時でも吸えるようにキッチンの引出しに「マルボロ・ライト」と、
「パーラメント・メンソール」が各一箱出番を待っているのである。
健気な煙草達だ。
その存在が山猫軒にとって、わずかばかりの
慰めであるような気がするのだが・・・


たばこ


煙草はやすむことは出来るが、酒はそうはいかない。
一瞬たりとて、欠かすことのできないのが「酒」なのだ。
我が家の性格の悪いネコに引っ掻かれたと言っては飲み、
恋人に怒られたと言っては飲み、
暑いからと言っては飲み、
詩が書けないからと言っては飲み、
疲れたからと言っては飲み、
元気いっぱいだからと言っては飲む。
要するに酒を飲む、飲まねばならない口実は幾らでもある。
まことに、ウレシイ限りである。


今日は仕事の帰りにカボチャと水ナスとトマトと、
なんの関連もなくホースラデイッシュを買ってきたので、
これを調理して酒を飲むことにする。
また、明日煙草の匂いが充満するJTビルに行かなくてはならないので・・・
スポンサーサイト
[ 2011/07/09 17:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

Non smokingの環境で暮らして久しいので、
タバコのにおいを嗅いだだけで、
気持ちが悪くなります。
日本は、まだまだ喫煙者に優しい国ですね。
[ 2011/07/10 08:28 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

トパーズさん。
おはようございます。
毎日暑い日がつづきます。
そう言えば、アメリカから禁煙が始まったのですね。
あれも良くない、コレも良くないというのは、
ちょっと、いかがなものかとは思いますが、
煙草はやはり良くないのでしょうね。
日本はまだまだ喫煙者には甘いです。

[ 2011/07/18 09:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/441-1f2c5f8f