スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

南の島へ

blog2497.jpg

   <旅>http://travelreport.blog118.fc2.com/
   ayaさんからお借りしました。




          南の島へ





        捨てた恋を抱いて
        南の海に行くのもいいだろう
        北の海では
        寂しすぎる


        捨てた恋を抱いて
        南の島で夕陽を見るのもいいだろう
        ビルの隙間では
        哀しすぎる


        捨てられぬ恋を抱いて
        砂の城を造ろう
        猫が星を数える
        窓辺にランプが灯る


        捨てられぬ恋を抱いて
        行きたいのに 
        フォトフレームのなかで
        南の島はとおい


 
blog2491.jpg


不肖山猫軒は自慢ではないが、海外旅行の経験がない。
皆無かと言えばウソになるから、二度だけ行った、と付け加える。
最初は昭和42年に仕事で韓国ソウルへ行った。
1ドル360円の時代で、ソウルは夜間外出禁止だった。
敗戦、数年後の我が国を思い出せる光景がそこにあった。
二度目は昭和54年にこれまた仕事で香港・マカオへ行った。


海外はこの二度だけである。
何処かへ行ってみたいという気持ちはずいぶん前に無くしてしまっている。
行くとすれは、ワンウエイ・チケットで、もう二度と出発地点に、
戻らない時であろう。
すなわち、家出だ。
それも、性格の悪いネコを連れてとなれば、甚だ難しいのである。


だから、ボクは<旅>の写真で家出の書衝動を抑えているのだ。


スポンサーサイト
[ 2011/07/05 11:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/436-1f84a1bf







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。