スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あたらしい靴

            


                あたらしい靴



E794BBE5838Fs3566.jpg

<かをるのワルツ>http://iku20813.ashita-sanuki.jp/e434681.html
かをるさんからの借り物。





       七月
          書籍をひらくと海があった


          あたらしい靴を履いて
          あなたは
          書籍のなかに歩いて行く
          海が
          すばらしいひびきをたてて
          崩れ落ちる波打ち際へ
          夏の白い道を辿り
          見知らぬ街を抜けて
          やがて
          霞む水平線の彼方を
          凝視している灯台に出会うだろう


s-P6043590.jpg

 

          七月
             海と灯台は
             あたらしい靴音に
             頬を赤らめながら
             ドレスアップした貴婦人と
             航海に出るばかりの
             水夫になる


             航海に出るとき
             あなたは
             あたらしい靴を手に持って
             裸足のつまさきを
             そっと、デッキに滑らせる
             琥珀色に磨かれた
             書きかけの詩のように
             心をちくちくさせる予感が
             柔らかく
             足裏からのぼってくるだろう



          七月 
             また、ちがう書籍のなかへ
             いくために
             読み終えた物語を
             脱ぎ捨てて
             あなたは
             あたらしい靴を履く







スポンサーサイト
[ 2011/07/04 23:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

写真が素敵!

来生たかお(南野陽子)の「楽園のドア」の歌詞

新しい靴は少しぎこちなくて
かすかな痛みひきずるけど
一歩ずつ履きならしていくわ
あなたに近くなるために

思い出しました。


[ 2011/07/05 01:49 ] [ 編集 ]

Re: 写真が素敵!

おしゃれな猫さん。
おはようございます。

写真の靴は左に寄っています。
右側が不自然なぐらいに空いているのです。
誰かを待っているのでしょうか?
本来底にあるべきもう一つの靴は?
なんて、考えている朝です。

ちなみに、これは「かをるさん」のお誕生日(昨日)
に寄せたものです。


[ 2011/07/05 07:44 ] [ 編集 ]

ありがとうございました。

うれしい誕生プレゼントよ!

誕生日は、本当はうれしくないんだけどね。
靴の右側、空いてますね。
さみしくて、誰か待ってるのかな?
自分でも分からない無意識の心の現われ?
山猫軒さんに指摘されて
考えてる今日の朝です。
[ 2011/07/05 10:19 ] [ 編集 ]

Re: ありがとうございました。

かをるさん。
喜んでいただけてウレシイです。




[ 2011/07/05 14:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/435-8b424579







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。