三味線堀の蜃気楼

湿った風が路地をながれてくる
通り過ぎた影が
ねじれて消える
古い地図が春の空に浮かんでいて
ここは
三味線堀

濁った水の上に浮かんでいる船が
ゆらりとも 動かない
無数の半裸の男達も 動かない
大川にこぎ出す船も 動かない

早春の三味線堀の上に
陽炎が立ち
沈黙した街は
蜃気楼の中で
どれが本当なのか
尋ねることのできる人影もない


スポンサーサイト
[ 2010/03/22 09:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/4-599b1ff2