放射能汚染地図





昨夜10時からのNHK教育TV「放射能汚染地図」科学者達の独自調査
2ヶ月の記録を見た。
世界唯一の計器で3千キロを走破した記録である。


昨日は昼間の仕事、ネコとの確執、夕食時に呑んだ酒、
これらが入り交じって睡魔に襲われながら、
この番組を見たのである。


見終えたあとは爆睡。
今朝目覚めて、いくつかの見積り、注文書作成など、
ネコと山猫軒の食い扶持を稼ぐべく仕事をし、一段落したときに、
昨夜のETV特集を思い出したのである。
午後にはまた、赤坂で現場の打ち合わせが1件ある。
その頃には頭脳明晰なる山猫軒も、昨夜の番組のことについて
感想をここで述べることは少し不安(記憶喪失)があるので、
大急ぎで書くことにした。


厚生労働省の技術官僚だった木村さんという方が、
フクシマ原発事故の放射線測定の自主的調査を上司から
止めるようにという指示が出されたことを受けて、
退職して個人として科学者(大学教授など)たちとネットワークを
作って原発周辺の放射能測定をした記録である。


冒頭から???が幾つも浮かぶ。
ナゼ国がこの測定をやらないのか?
ナゼ東電がこの調査をやらないのか?

やらないのにはそれなりの理由があるはずである。
ソフトバンクのお父さん犬も
「何事にも理由がある」
と言っている。


チェルノブイリ事故の調査をした科学者、
大学教授らの協力を得ながらサンプリングした土壌、
植物などの分析が行われ次第に、フクシマ第1原発事故による、
放射能汚染の実態が明らかになってゆく。


これらから僕が理解できたことは、報じられている以上に深刻な、
放射能汚染が進んでいたと言うことである。
そして、それはいまだに進行中なのである。
当然汚染マップは同心円の形をしていない。
30キロより離れたところにも及んでいれば、
20キロ圏内でも比較的数値が低い所もある。
しかし、いえることは何処ももう人が住める状態ではないということだ。


今日のニュースで原発についての世論調査の数字がでている。
この状態をもってしても、まだ、原発の賛否は拮抗しているのだ。
これが、時間が経ち、少しずつこの状態に国民が慣れてきたとき、
フクシマ原発事故によって故郷を追われた人たちは、
「棄民」となるのであろうか。
原発は何事もなかったかのように稼働し続けるのだろうか。



行き場のない校庭の放射能汚染された土壌、餓死した数万羽の鶏たち、
これらは東電の敷地に積み上げるべきである。
文科省、経産省、厚生労働省の玄関に振りまいてやればいいのだ。
無論、首相官邸、国会議事堂にもだ。


行き場のない怒りがこみ上げてくる。


スポンサーサイト
[ 2011/05/16 11:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

メルトダウンは津波の結果ではなくて、津波に襲われた約
4時間後の3月11日夜に始まったと発表。とにかく、あれも
これも隠していたものを小出ししてきたという感じですね。
本当に怒り心頭です。

浜岡原発は止まりましたが、これだって次の地震がくれば
どうなることやら。建設当初の某技術者が、地盤が緩いこと
が分っていたのに、当時の責任者が「大丈夫だというこ
とにして建設しよう」と言ったという話をしています。
その技術者は、それを聞いて職場をやめたとのこと。
なんとか収束してくれればいいのですが、いったいこの
日本はどうなることやらと、悲しい気持ちから抜けきれません。
[ 2011/05/16 13:02 ] [ 編集 ]

放射線量の測定地点として指定されたところを、お役人とテレビ番組の民間人が20キロだったかの区域の近くを、何箇所か一緒に測定して回っていました。その上1メートルのところで測定するのです。
指定点を測定していく限り、安全基準値だったのですが、後で民間人が、グラウンドの草むらや道路の土手側を図ると何倍にもなったのです。
指定点はコンクリート道路の風通しもよく、たまらないところばかりだったようなのです。
姑息なまやかしで、危険性の認識ができない人がいるのです。
[ 2011/05/16 18:57 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

冬の根子さん。
原発事故については、もう、怒りでいっぱいです。
メディアも信用できません。
それにしても、NHK教育TVは流石ですね。
いっそ、大河ドラマなんかやめて、教育TVだけにしたらと、
以前から思っているのですが、どうですか?


[ 2011/05/17 12:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/382-328edb76