想い出の春の日



      想い出の春の日




    かなしいまでに遠くをみていた
    家並みをこえて
    町はずれの森のうえを
    季節のように
    うつくしい風にのって
    恥じらうように
    泪をひた隠しにして
    かなしいまでに遠くをみていた


    きえた言葉を追いかけて
    踏み出すあしもとの黒い土には
    桜の花びらが
    ひっそり歌っている


    とおい とおい
    想い出の春の日
    そのひとの
    差し出すやわらかい
    てのひらに
    拾い集めた夢の残り香を
    あしたの希望をこめて
    置いた
    とおい とおい
    想い出の春の日


target="_blank">IMG_4236.jpg

   <MY PHOTO BOOTH>みず保さんからの頂きものです。
スポンサーサイト
[ 2011/05/04 11:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

今日の詩『想いでの春の日』を読んで、入谷を思い出しました。又大震災に思うことに同感です。
 
[ 2011/05/05 11:20 ] [ 編集 ]

こんにちは♪

先日は姫のご心配を頂き、有り難うございました。
ちょっと疲れてただけなので、今は元気ですよん♪

この詩、(o^。^o)スキデス・・・そして読むたびに
泣けてきます。何故だろ? 山猫軒殿の優しさが
溢れてんだろうな♪♪
春も移ろい、初夏になり、これからも(^-^*)ヨロシク♪
[ 2011/05/05 12:44 ] [ 編集 ]

初めまして

コメントを初めてします。いつも読ませていただいていました。私も詩を書きたいものだと思っています。ブログで書くのはそれがいいと思うからです。私は感覚だけで書くのですが・・・それとナビの方でコメント有難うございます。あなたは樺太ですか・・・私の姉と同年でするこれからもよろしくお願いします。
[ 2011/05/06 09:10 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

一葉様
お久しぶりです。
ご訪問嬉しく思います。
入谷もそろそろ朝顔市が楽しみな季節にちかくなりましたね。
また、おいでください。



[ 2011/05/06 12:57 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ミー子さん。
こんにちは。

> 先日は姫のご心配を頂き、有り難うございました。
> ちょっと疲れてただけなので、今は元気ですよん♪

なんとなく、元気がない様子だったので心配していましたが、
安心しましたよ。

>
> この詩、(o^。^o)スキデス・・・そして読むたびに
> 泣けてきます。何故だろ? 山猫軒殿の優しさが
> 溢れてんだろうな♪♪
> 春も移ろい、初夏になり、これからも(^-^*)ヨロシク♪

これからも、ミー子さんを泣かせる詩を作りますから、
ご期待ください。
[ 2011/05/06 13:01 ] [ 編集 ]

Re: 初めまして

dorucasuさん、
ようこそおいで下さいました。
コメントありがとうございます。
どうぞ、詩を書いてみてください。
感覚だけで書いても良いと思いますよ。
楽しみにしています。
それと、あなたのブログもしょっちゅうお邪魔していますので、
ヨロシク。

[ 2011/05/06 13:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/367-28a0ca39