隠蔽(原発事故)

ここ数日TVニュース(東北関東震災)を見ている。
特に昨日、今日は福島原発の事故を関心を持って見ている。
枝野官房長官の記者会見、原子力保安院、東京電力の記者会見、
それぞれ何かオカシイと(第六感である)思いつつである。
最初の頃から変だなと感じた。
あえて、ここで述べなかったのは、確信がなかったからだ。
TVに出てくる原子力の専門家(某大学の先生達)の解説も、
奥歯に物が挟まったような感じで、ストンと僕を納得させることができない。
ましてや、東京電力の担当者の会見はもう、見苦しい、の一言である。
嘘を言っている、あるいは説明できる確固たるモノがないというのが、
ありありと見て取れるのだ。
質問にもしどろもどろ、うつむいて眼をパチパチさせて、
会見に臨んだ担当者は気の毒と言えば言えるのだろうが。

これらのことを見ながら不肖山猫軒、
はたと、思い至った。
どこかでこれと似たような事象(枝野官房長官風に言う)を見たことがあると。
思い出すまでしばらく時間を要した。
なんといっても、耐用年数あと幾ばくかの脳みそをフル回転してだから、
パソコンのようにピピッツとはいかないのだ。

企業が不都合なことを知られたくない時にしばしば行う、
<隠蔽>である
事なかれ主義である。
ナントカしよう、上手く切り抜けよう。

思い出したのは雪印乳業事件だ。
最初にさっさと事実を明らかにして対応していれば会社消滅などという、
ことにはならなかったのに、嘘にウソを重ねてしまった。

東京電力も最初から政府関係者、報道陣を現場に入れて、
逐一事故の模様、それに対する対応、出来ること出来ないこと、
分かっていないこと、そして、どうして良いのか途方に暮れていることなど、
公開するべきであった。
政府も良くない。
今更菅直人首相が東電幹部を怒鳴りつけるなどというのは、
天に向かって唾を吐くようなものだ。
原発事故はどれほど重大かと認識していたならば、
最初から国の管理下に置いてこの事故の収拾にあたるべきだった。
我が国の英知と技術とを結集して事に臨むべきであった。

それが、未だに見苦しい政府と東電の対応ぶりが続いている。
1号機から始まって全ての原子炉メルトダウンして、
放射能汚染が東北地方のみならず首都圏まで及ぶ事態に、
なったとしたら、この責任はだれが負うのだろう。

<隠蔽>してはならない。

我々大衆は計画停電などという不便を文句も言わずに、
受け入れてまるで羊のように温和しく従っている。
東京電力にではなく、雪の降る夜に電気も暖房もなく震えている、
被災者を思ってのことなのである。

最後に、この原発事故で避難を余儀なくされた人たちへの、
支援を東京電力はどのような形で行っているのだろうか。
宿泊施設を東電は用意したのだろうか。
輸送用の車両を東電は用意したのだろうか。
東電は全責任を負うべきである。
たとえ、会社が潰れようとも。

スポンサーサイト
[ 2011/03/15 22:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

改めて危機管理の専門家がいないな・・・って思い知らされますよね・・・
[ 2011/03/16 00:57 ] [ 編集 ]

原発

原発を国の管理下にと云うご意見には甚だしく不信感を感じます、国の管理下に置いたからこそ旧ソ連チェルノブイリ事故が起こったのでは あの折の事故は将に人災で個人の功名のためにしてはならない操作をしたために起こった事故です。
民間の英知を集めて原発を作り厳しく国の管理で規制しながら運転するのが良いと思うのですが、
又テレビ等で専門家などと称してコメントしている人たちは俄かに書物などで知った知識のみで実際構造物の中で従事されている人たちの意見は繁栄されていないところに現在の混乱が起こっているように感じます。
日々生活して電力の有り難さに無知に為っていますがその影で人々の安寧な生活を維持する為に原発の運転管理の為多くの方の犠牲があるのはあなた方はこの折知らなければ為らないでしょう、
まして東電が倒産の憂き目に会ってとは、、、、
日常において電気の無い生活に覚悟が有るのでしょうか、
今国民に求められているのは要らざる批評 批判 不安を煽る不評等を戒める事であり 関係者に応援する事です 後に検証して改善するところは改善して尚一層安全に運転操作管理できる体制をとるべきと思います
全てに於いて絶対安全というのは神の世界意外にはありえません。









[ 2011/03/16 12:43 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

まんがいんくさん。
そうですね、冷静に事の判断をすること、そして、
適切なリーダーシップをとることのできる人間が少ないのです。
首相からしてああではね。


[ 2011/03/16 14:37 ] [ 編集 ]

今すべきこと

原発を国の管理にすべきか否か、監視体制、設計基本など、すべては落ち着いた後に検討されるでしょう。今は惨状の回復を祈りながら、また現場の努力に敬意を払いながら、現体制を応援しましょう。すべては、その後のことです。
[ 2011/03/17 11:33 ] [ 編集 ]

geotechさんの意見には賛成です。


http://news.livedoor.com/article/detail/5412425/
[ 2011/03/17 18:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/324-43685282