猫と梅の花 湯島天神

おい、メシよこせ!
けち!デブのどこがワルイ!

不平タラタラのマオです。
まだ、ダイエット、減食続行中。



mao

腹を減らした猫としばし、炬燵で丸くなっていたが、
恨めしげに膝の上から離れないマオから逃れて、
散歩に出かける。
最近ブログでよく梅の花がアップされているので、
ああ、そうか、梅の季節か、桜はまだかいな」と、
独り言をつぶやきながら、外に。
陽は出ているが風が冷たい。
歩き始めてすぐ後悔する。
最近出不精で歩くことが少ないので、
帰りたがる心を叱咤激励して、湯島天神に向かった。
春日通りを大塚方面に真っ直ぐ歩く。
御徒町駅、上野広小路をすぎると、すぐそこに湯島天神がある。
湯島の白梅である。
急な石段を転げ落ちないようにゆっくりと、慎重に歩を進める。
歳を取ると階段は登りは比較的大丈夫なのだ。
下りがいけない。
駅の階段でも下りが怖い。
下手をすると永遠に転がり落ち続けるような恐怖にかられるのである。
手すりに掴まることになる。
ポケットに両手を入れてなどというのは、考えるだに恐ろしい。
8年ほど前に御徒町の歩道で転んだことがある。
ちょっとした登り勾配の仮設スロープを急いで渡ろうとして、
つまずいた。
運動音痴の山猫軒柔道の受け身を知らないから、
左手を伸ばしたまま落下、左手指二本骨折である。
それから走ったり、急いだりすることをやめた。

湯島天神


石段を登り終えると境内に出る。
平日の午後である。
なのに、大勢の人である。中国人らしきグループも多い。
「梅祭り」だそうだが、そう広くはない境内だから、
ものの10分も徘徊すれば、退屈してしまう。
梅の花を観賞しながら和歌の一つも詠えばいいのだろうが、
残念ながら不肖山猫軒{和歌}はさっぱりなのである。
したがって、また急な石段を登るときの何倍かの時間をかけて下る。

梅は写真に撮ったし、寒いし、帰ろうかなと思いながら、
少し遠回りの道を選択する。
上野公園、不忍池を巡ろう。
歩くスピードも少し早めに心拍数を上げて歩き始める。
調子が出てきた頃にハイヒールを履いたオネエサンに、
あっというまに追い抜かれた。
がっくりくる。ウオーキングをするとよくあることとはいえ、
いくらたってもこれには慣れることができないのである。
着ぐるみに追い抜かれた昔箱根駅伝ランナーの悲哀がよく分かる。

sinobazuniike.jpg
  餌をくれると思い寄ってくる。

さすがに、上野公園の桜はまだしんとしていた。
人通りもまばらである。
でも、すぐに桜の木の下は大勢の人たちのざわめきで
いっぱいになるのだろう。




スポンサーサイト
[ 2011/03/03 10:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

餌が無いじゃないかと怒っているマオ君の表情がいいですね。ネコの目は表情が豊か。いろいろ語りかけてくれます。ネコ好きはそれがたまらない?
梅の写真もとても美しいです
[ 2011/03/03 19:50 ] [ 編集 ]

マオちゃんの鋭い目つきに、こちらもタジタジ。我が家
には犬の前にホワイトペルシャがいましたが、触られる
のを嫌がるプライド高い王様でした。9歳で永眠。
枝垂れ梅・・・きれいですね。それに3枚目のカモの写
真の池にみえる、ハスの枯れ茎が織りなす自然の造形美
が大好きです。
[ 2011/03/03 21:31 ] [ 編集 ]

いや~マオちゃん、いい面構えしておりますね
猫でも犬でも鳥でも、生き物は安らぎを与えてくれます
ストレスなんかも消えちゃいますね
[ 2011/03/04 11:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

マロニエさん。
おはようございます。パリは今何時頃なのでしょうか?
マオは顔は可愛いのですが、
性格がきついんが玉に瑕です。

東京はまだ今日も冬の陽気です。


[ 2011/03/05 10:32 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ブルさん。
おはようございます。
マオはもともと野良だったようです。
別れた妻が持ってきました。子猫でしたが、
今は女盛り(不妊手術済み)で、僕の所に来て以来、
一度も外の空気を吸っていません。
動物病院に二度行ったのみ、これもケージに入れてです。
外に連れて行こうとすると怖がります。
もう、野良にはなれないですね、


[ 2011/03/05 10:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/311-34919ca3